« かつて有楽町にあった喫茶店「ももや」の小さな復活 | トップページ | 『ほんのひとさじ』vol.3 珈琲時間 »

2016年6月23日 (木)

BEAR POND ESPRESSO、HIGHSNOBIETYに登場

001_2


HIGHSNOBIETY.com に東京・下北沢のBEAR POND ESPRESSOのオーナーバリスタ、田中勝幸さんのインタビュー動画が登場します。プロデューサーのAmbroseさんに、ベアポンドに注目した理由をお尋ねしました。


Q1) HIGHSNOBIETYというメディアのコンセプトは?

グッド・ストーリー、パッションのある仕事についてのストーリーを紹介している。

我々はファッションの分野からスタートして、パッションがライフスタイルやキャリアに結びついていることに気がついた。興味をひかれる人々と彼らの素晴らしいストーリーについて調べると、彼らに尊敬の念を覚えずにはいられない。

読者の方々もそれを理解し、何らかの新しい発見をして楽しんでいただけるものと信じている。



002


Q2) 今回、BEAR POND ESPRESSOを選んだ理由は?

私はカナダで生まれ育ち、Tim Hortons(カナダのドーナツ・チェーン店)やダイナーの安価なコーヒーを飲んでいたが(たいていは二日酔い解消に!)、やがてセカンドウェーブ、サードウェーブのコーヒーを知るようになった。

仕事を通して知り合ったカナダ出身の才能ある映像作家、Wyatt Cloughと会話を交わすたびに、お互いに日本好き、コーヒー好きだと認識するようになり、彼がベアポンドについて語れば語るほど好奇心が募った。私は東京を2度訪れていたが、まだベアポンドに行ったことがなかったのだ。

3度めの来日で、ついにベアポンドの「ダーティー」を飲むことができた。Katsu(※田中勝幸さん)は面白い男で、私は彼のたたずまいに「いったいどんな人間なんだろう?」と、さらに興味をかきたてられた。ヴィデオ・インタビューは彼のストーリーを知り、シェアするのに最高の手段だと思ったのだ。


003


Q3) このショートフィルムを通して視聴者に伝えたいメッセージは?

いま、コーヒーは身の回りの至るところにある。ラテ、アメリカーノ、フラットホワイト……ポイントは、その材料や器具や基本的な技術がほとんど変わらないにもかかわらず、店のオーナーによって違いがあるということ。

お客は単にコーヒーを味わうのではなく、バリスタのパーソナリティも味わっているのだ。


005


Q4) 東京のコーヒーシーンについて、どんな印象を抱いていますか?

私は日本のコーヒー雑誌を何冊か持っていて、来日前に読んでいた。それらは大変にディテール志向で、モノたちが際立っているが、私はお店の立地であれ、インテリアデザインやレシピ、メニューであれ、それらの背後にある思想にこそ真価を認める。


006


田中勝幸さんのコメント:

「パッションとは、僕にとってはレールの敷かれていない荒野を走ることだ。美人コンテストみたいに、決められたルールのもとで美を比較するようなことじゃない。

『コーヒーに恋をする』という表現があるが、恋とは相手に夢中になって自分を見失うこと。 愛は自然体で自分を活かすことができること。僕は恋してるんじゃなくて、『エスプレッソを愛している』。エスプレッソといると、自分らしく生きることができるから。Love & Passion.」

ライフスタイルに基づくパッションと、エスプレッソへの愛。それは田中さんが決してぶれることなく貫いてきたものです。それでは、動画をお楽しみに!


004

|

« かつて有楽町にあった喫茶店「ももや」の小さな復活 | トップページ | 『ほんのひとさじ』vol.3 珈琲時間 »

05 下北沢・小田急線のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/63817056

この記事へのトラックバック一覧です: BEAR POND ESPRESSO、HIGHSNOBIETYに登場 :

« かつて有楽町にあった喫茶店「ももや」の小さな復活 | トップページ | 『ほんのひとさじ』vol.3 珈琲時間 »