« 『わたしがカフェをはじめた日。』ホホホ座 | トップページ | 澤田洋史さんの sawada coffee、米国シカゴにオープン! »

2015年11月 9日 (月)

COFFEE COLLECTION around 神田錦町 2015

Collection1a_2

左:「Coffee Collection」を主催する鈴木清和さん(GLITCH)と大槻佑二さん
右:物販で出展した「KISSACO」 岡本由梨さんと、おいしいコーヒーのあるところには必ずお姿があるVivaさん


10月最後の土曜日、神田の街は書物好きの人々とカレー好きの人々、コーヒー好きの人々が集まって活況を呈していました。

第56回神田古本まつり、第6回神田カレーグランプリ、そして、青山で開催されたCOFFEE FESTIVALが大盛況だったCOFFEE COLLECTION。あらためて、神田神保町界隈は吸引力のある街だと再認識します。

今回のCOFFEE COLLECTIONの舞台は、神田錦町のテラススクエア1階エントランス。国内外の人気コーヒーショップ7店が集結しました。地元・神田錦町のGLITCH COFFEE & ROASTERS、Fuglen Tokyo、Mojo Coffee、ポールバセット、Single O japan、SLOW JET COFFEE、そして名古屋のTRUNK COFFEE BAR。

全店のコーヒーの飲み比べができる「7 cups TICKET」は、めったに体験できない素晴らしい機会とあって大人気! 同時に7つの個性を比較して楽しませるなんて、コーヒーカルチャーを広く浸透させようという熱意のもと、各店の協力体制がなければ実現できなかったでしょう。

Collection3a_2

7つのカップが置かれたシートには、店名とコーヒーの風味の特性が記されていました。

 

物販のスペースの一角には、世界各地でコーヒー豆の運搬に使われた麻袋をトートバックに再生するKISSACOの作り手、岡本由梨さんの姿がありました。

その作品の数々は、デザインが洗練されているばかりでなく、表面にビニールコーティング、裏面に綿ツイルの圧着を施し、ブランドロゴをあしらった内ポケットを付けるなど、耐久性と実用性を高める工夫が凝らされたクオリティの高いもの。

カメラや本やストールを無造作に放り込んで、散歩に出かけたいなあ。そう思って、写真の一番下に写っているグリーンのポットが描かれたトートを購入しました。

このバッグの材料の麻袋は、Vivaさんがハワイ島コナのグリーンウェル農園から持ち帰ったものだそう。ミ・カフェートで飲んだ2013年のグリーンウェル農園のつきぬけたおいしさに感動した記憶もあって、文句なしに最高のマイトートになりました。

(余談ですが、KISSACOというネーミングは、天心の『茶の本』を訳した拙著『本のお茶~カフェスタイル岡倉天心』のページで出会った喫茶去という禅語にヒントを得た、とうかがって、つながるご縁の不思議さに思いを馳せました)

Collection

 

先日、少しばかり渋すぎるジャズバーで、2代目店主から聞いたぼやき――「ジャズ喫茶が衰退した一因は、小うるさいジャズマニアばっかり集まるようになって、一般のお客さんに敬遠されたことです。かといって、入門者向けの店だらけになってもつまらない」

多種多様なコーヒーショップが共存共栄しながら、おいしいコーヒーのある日常を支えてくれることを願っています。

ちなみにこの日、神保町の交差点の人波にもまれている最中に偶然出会ったブックカフェはCHEKCCORI

Yohko

|

« 『わたしがカフェをはじめた日。』ホホホ座 | トップページ | 澤田洋史さんの sawada coffee、米国シカゴにオープン! »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/62636090

この記事へのトラックバック一覧です: COFFEE COLLECTION around 神田錦町 2015:

« 『わたしがカフェをはじめた日。』ホホホ座 | トップページ | 澤田洋史さんの sawada coffee、米国シカゴにオープン! »