« 映画『A FILM ABOUT COFFEE』ダウンロード開始! | トップページ | »

2014年11月28日 (金)

ローマの老舗エスプレッソを代官山で。bondolfi boncaffe (TENOHA)

Boncaffe_01


1855年にローマで創業し、150年以上の歴史をもつボンドルフィ社。その日本第1号となるカフェが2014年11月28日、代官山にオープンした複合施設「TENOHA DAIKANYAMA(テノハだいかんやま)」の中に誕生しました。

記憶をさかのぼれば、東京でも十年以上前からボンドルフィ社のコーヒー豆を使っているカフェには何軒か出会っており、デミタスカップや豆袋にあしらわれたロゴマークがチャーミングで印象に残っているのですが(ちょっと鼻血に見えるのは、カップからたちのぼる湯気)、直営店はこれが初。

来日した6代目、エドアルト・ピロリ・ボンドルフィ氏(右)とトンマーゾ・ピロリ・ボンドルフィ氏(左)にお話をうかがいました。


Bon_2


かつて「イータリー」が入居していた商業施設「代官山ラヴェリア」と代官山東急アパートメントの跡地に、5年間限定の実験の場として作られたTENOHA。 新築ではなく、既存の施設をリニューアルすることによって「新しい暮らし方」、「新しい働き方」をテーマにしたレストランやライフスタイルショップ、オフィスなどの複合施設に生まれ変わりました。

ゆえにボンドルフィ・ボンカフェもクラシカルなローマのバールではなく、現代東京のカフェの空気を融合したスタイルでお目見えしています。


Boncaffe_09


壁を彩るアイテムを通して表現されているのは、1960年代のイタリア。ローマオリンピックが開催されたのがちょうど1960年。それはイタリアが経済成長著しく、希望と活気に溢れた古き良き時代だったのだそうです。

ローマのエスプレッソの味は?

イタリア国内でも南北によってエスプレッソの味が違うのはよく知られており、ミラノなど北部の都市は軽めで優しい味わい、ナポリやシチリアのなど南部の都市は濃厚で力強い味わいと言われますが、ローマのエスプレッソの特徴は何でしょう?

「南北のまんなかにあるローマでは、しっかりしたフレーバーを持ちながら、バランスのとれたエスプレッソが飲まれています」

このカフェでも苦みの強すぎない、老若男女に幅広く愛される一杯を提供。代官山で本場の味を楽しんでほしい、とボンドルフィ氏。


Boncaffe_02


ここだけの一杯、カポッチョーネとは?

代官山のボンドルフィ・ボンカフェのために創作されたドリンク「カポッチョーネ」(S 550円)は、チョコレートとエスプレッソを混ぜてミルクを注ぎ入れ、カカオなどをトッピングした看板メニュー。

また、ナッツが甘く香る「カフェノッチオーラ」(S 500円)は、ヘーゼルナッツラテとも言える一杯です。

イタリアンバールといえばエスプレッソもお酒も、が基本。カンパリやアペロール、チンザノなどのリキュールも揃っているので、寒い日や夜にはエスプレッソにちょっと加えるアレンジも楽しめますね。


Boncaffe_03


軽食やお菓子は同施設内にあるレストラン「TENOHA & STYLE RESTAURANT」の厨房で作られます。

パニーニはもちろん、カリッとした薄い生地のローマ風ピッツァ、もちもち生地のナポリピッツァ、そしてナポリ名物の焼き菓子「スフォリアテッラ」、シチリア発祥のペストリー「カンノーロ」などのイタリアの伝統菓子も多数。

「ここに揃っている食べものは、イタリアよりおいしいですよ(笑)」


Boncaffe_04


Bondolfiの歴史

1855年、創業者ピエトロ・ボンドルフィはローマに移住し、香辛料やハーブなどとともにコーヒー豆の輸入販売を手がけました。
本格的にコーヒー豆のローストを開始したのは、コーヒービジネスの拡大の可能性を信じた3代目のエドアルト。セルフサービススタイルのバール経営の先駆者として、その定着にも力を注いだそうです。

4歳の頃からエスプレッソを飲んでいたという6代目のトンマーゾ・ボンドルフィ氏にとって、「エスプレッソは自分の存在の一部。もはや血液のようなもの」だそう。

「私は家族から仕事だけを受け継いだのではありません。コーヒーに対する情熱も受け継ぎました」

カフェに隣接するのはシェアオフィスやオープン型サービスオフィスの集合体「TENOHA LAB」。入居者はカフェのコーヒーを100円で購入できるのだそうです!


Boncaffe_08
TENOHA & STYLE RESTAURANT

bondolfi boncaffe MENU

【CAFFE】
エスプレッソ …250円
カプチーノ …S400円/L600円
カポッチョーネ …S550円/L700円
カフェノッチオーラ …S500円/L650円

エビス生ビール/スプマンテ/グラスワイン/カンパリソーダ …各500円

【パニーニ、ピッツァ】
本日のパニーニ …650円~
ローマ風ピッツァ …600円
ナポリピッツァ …900円~

【ドルチェ】
モンテビアンコ …500円
カンノーロ …430円
スフォリアテッラ …380円

BONDOLFI BONCAFFE(ボンドルフィ・ボンカフェ)
shop data

東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山
TEL  03-3464-3720
OPEN 11:00~23:00
東急東横線「代官山」駅徒歩3分
MAP

Boncaffe_07
TENOHA & STYLE RESTAURANT

|

« 映画『A FILM ABOUT COFFEE』ダウンロード開始! | トップページ | »

02 恵比寿・代官山・中目黒のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/60726525

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの老舗エスプレッソを代官山で。bondolfi boncaffe (TENOHA):

« 映画『A FILM ABOUT COFFEE』ダウンロード開始! | トップページ | »