« 東京カフェマニア | トップページ | THE 3RD CAFE by Standard Coffee 虎ノ門ヒルズ »

2014年5月27日 (火)

カフェの天使が引く糸の話

C1_2


どこかで見えない片隅で、カフェの天使がウィンクしながら偶然の糸を引いて笑っているにちがいない。良いカフェにはそう感じずにはいられない瞬間があります。

それは昨年12月のこと。tocoro cafeに立ち寄ったら、カウンター席に並ぶお客さまの中に知っている人の姿が。この日初めてtocoro cafeを訪れたというsens et sens店主、菅井さんでした。

数か月前に『東京カフェの最高のひと皿』の取材でsens et sensにおじゃましていたご縁もあり、菅井さんのお隣の席でスイーツとコーヒーを楽しみながら良いひとときを過ごしたのです。

そのとき、tocoro cafeはshunshun展の期間中。shunshunさんこそ私に「素晴らしいパン屋さんがカフェを開きました。ぜひ行ってみてください」とsens et sensの開店を教えてくれた人でした。shunshunさんと菅井さんは陶器市で知り合っていたのだそうです。

C2


さて、今年の5月の連休明けのこと。予約をしてsens et sensへ昼食に出かけたら、偶然にもまったく同じ日に予約をしたtocoro cafeの上村夫妻とご一緒することに! 

不意打ちの奇跡のような偶然に遭遇すると、もうただただ笑ってしまうものですね。上村夫妻はこのとき初めてsens et sensを訪れたのだそうです。

2軒の美しいカフェの店主がお互いのお店を初訪問し、同業者の目線でじっと観察して感動したり、変態(※最高の賛辞です)ぶりに共感したりしているシーンを至近距離で目撃するという貴重な体験に恵まれたことを、カフェの天使に感謝しなければなりません。

※変態とは、コーヒーやパンやスイーツなどを深く探究するあまり常識の範囲から逸脱して、誰も気づかないような細部にも手間ひまかけて魂を入れてしまったりする、うっかり真似してはいけない人々のことです。真似さえもできませんが。

tocoro cafeはすでに三軒茶屋での営業を終えて新店の準備期間に入っていますが(そのことについても新刊書で触れています)、地に足をつけて、日々できることをしながら歩いていけば、出会うべきご縁にはちゃんと出会えるのだから心配しなくていい、そんなことを感じたできごとでした。

もう十年以上も前になるけれど、あの日見た屋上にペイントされていた啓示 ―― Don't Worry, Be Happy

|

« 東京カフェマニア | トップページ | THE 3RD CAFE by Standard Coffee 虎ノ門ヒルズ »

01 渋谷・三軒茶屋のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/59716175

この記事へのトラックバック一覧です: カフェの天使が引く糸の話:

« 東京カフェマニア | トップページ | THE 3RD CAFE by Standard Coffee 虎ノ門ヒルズ »