« 桜色、薄桜、桜鼠…… | トップページ | 東京大空襲の日。神田まつやにて »

2014年3月 8日 (土)

sens et sens (サンス・エ・サンス) つくし野

Sens_12

「孤高のパン職人」と呼ばれた男性がとつぜん千葉にあったお店を閉めて、半年後につくし野に開いたのは、パンとコーヒーを楽しむためのカフェでした。sens et sens、感性と感性が響きあう場所。

そのパンとコーヒーの素晴らしさ、店主の菅井悟郎さんがどこまでも厳しく自分を追いこみながら生きてきた足どりについては、ただいま原稿に取り組んでいる今春発売の新刊書籍でじっくりお伝えする予定ですが、その前に特別な3日間のお知らせ。

Sens_01

カフェがカフェらしくあるために

3月21日(金・祝)~23日(日)の3日間、sens et sensがいつもとは異なる、スイーツとコーヒーに特化したメニューでおもてなしします。

通常営業のメニューは、菅井さんのパンを用いた食事と、種類を絞ったスイーツとコーヒーですが、この3日間は食事を出さないかわりに、いつもは仕込み不可能で作ることのできないスイーツと、抽出方法を選択できる6種類のストレートコーヒーが登場するそうです。

詳細はこちらでご確認ください。

Sens_10

2013年のクリスマスシーズンに私が注文したシュトーレンはsens et sens製でした。あ、菅井さんの味だ!と感知できる特別なおいしさ。

この3日間にせよ、通常営業時にせよ、お店をお訪ねになるかたは、心にとめておくべき事柄をいま一度思いだしてからお出かけくださいますよう。

自家製酵母のパン作りには、酵母を育てるプロセスが不可欠。その「命を育てる」ということを大切にしながら、それと同じくらい、オーブンで焼きあげるときに「命を焼き殺す」ことについてもじっと見つめて考えている人。月の裏側を見ようとする人。それが私の知る菅井さんの一面です。

sens et sens サンス・エ・サンス

東京都町田市つくし野1-28-6
【TEL】042-850-5909
【OPEN】11:30~18:00 (17:00 L.O)
【COLSE】水・木

Sens_45

|

« 桜色、薄桜、桜鼠…… | トップページ | 東京大空襲の日。神田まつやにて »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/59254807

この記事へのトラックバック一覧です: sens et sens (サンス・エ・サンス) つくし野:

« 桜色、薄桜、桜鼠…… | トップページ | 東京大空襲の日。神田まつやにて »