« 京都の「詩と洋菓子 nowhereman」、原宿ROCKETで展示スタート | トップページ | 『OZ magazine』カフェ特集号 »

2013年10月19日 (土)

THE ROASTERY ザ・ ロースタリー (原宿 キャットストリート)

Roast7

2013年10月19日、原宿と渋谷を結ぶキャットストリートに、T.Y.EXPRESSNOZY COFFEE のコラボレーションによるコーヒーショップ「THE ROASTERY(ザ・ロースタリー)」がグランドオープンしました。

メトロ「明治神宮前」駅から徒歩2分、三宿の小さくて洗練されたNOZY COFFEEの店舗をご存じのかたは目を見張るであろう広さ。そして、カッコよさ。

Roast3

煉瓦と鉄、工業用ライトでまとめられたファクトリーテイストの空間は、T.Y.EXPRESSがNOZY COFFEEのオーナー、能城さん(写真上)のリクエストに応えて完成させたもの。

「とにかくバリスタたちのいるカウンターにこだわり、お客さまの動きを固定せずに360度、全方位から自由に楽しんでいただけるように依頼しました」

中央に贅沢な広さの楕円形カウンター。その両端にシネッソが1台ずつ。

人々が店内を回遊しながらバリスタとコミュニケーションがとれるよう工夫されたスタイルは、私に「流れるプール」の楽しさと躍動感を連想させました。

Roast2

さっそく盛況。お店の運営はT.Y.EXPRESS。NOZY COFFEEはコーヒー豆(もちろんシングルオリジン)の仕入れ、焙煎、バリスタの教育を担当します。

メニューはコーヒー3種類。エスプレッソ、アメリカーノ、ラテ。2種類のコーヒー豆から選ぶことができます。私は能城さんおすすめのエチオピア・イルガチェフェのラテを注文。

Roast6

コーヒーのお供には、T.Y.EXPRESSのベーカリー「breadworks」が提供するペイストリー各種が用意されています。注目商品はクロワッサンとドーナツがひとつになった「N.Y.リングス」などグルテンフリーのもの……だそうですが、人気が高くすでにソールドアウト!

Roast5
最奥に、輝く焙煎機とコーヒー豆売り場。今後、NOZY COFFEEの豆はこの場所で焙煎し、三宿の店舗はビーンズショップとして活用するそうです。

気鋭の若手4人でスタートしたNOZY COFFEEも、いまや社員として10人のスタッフを雇用し、着実に目標を実現しているようです。2011年の能城さんのインタビューはこちらをご覧ください。

Roast4

店舗はラルフ・ローレンの隣に位置していますが、この空間もラルフ・ローレンが所有しており、ブランドイメージにふさわしいお店の入居を待って、1年間、空き状態のままだったのだそうです。

ラルフ・ローレンのいかにもアメリカらしいカジュアルライン。その空気感を刺激し、ともに盛り上げるパートナーとして白羽の矢が立ったのが実力ある若手ロースター、NOZY COFFEEだったのです。

そんなわけで、忙しく立ち働くバリスタの方々はみなさりげなくラルフ・ローレンを着用して、良い雰囲気でした。

Roast1

営業時間は朝8時から夜8時まで。キャットストリートへ遊びに来るときは、まずTHE ROASTERY でおいしいコーヒーを飲んでから街歩きをスタートする、というスタイルが定番になりそうです。

2階は同じくT.Y.EXPRESSが手掛けるクラフトビアバー & BBQ 「SMOKEHOUSE」。

【shop data

THE ROASTERY ザ・ロースタリー

東京都渋谷区神宮前5-17-13
TEL 03-6450-5755
OPEN 8:00~20:00 L.O.
地図

|

« 京都の「詩と洋菓子 nowhereman」、原宿ROCKETで展示スタート | トップページ | 『OZ magazine』カフェ特集号 »

03 表参道・原宿のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/58415671

この記事へのトラックバック一覧です: THE ROASTERY ザ・ ロースタリー (原宿 キャットストリート):

« 京都の「詩と洋菓子 nowhereman」、原宿ROCKETで展示スタート | トップページ | 『OZ magazine』カフェ特集号 »