« 大坊珈琲店の閉店 | トップページ | 『東京の喫茶店』4刷御礼、私とわたし »

2013年8月18日 (日)

Morris Kitchen(ブルックリン)のポップアップ・ショップ@下北沢BEAR POND

Bp
ニューヨーク、ブルックリンから
MORRIS KITCHENのKari Morris(写真右)が初来日。

8月24日午後7時、彼女のTASTING POP UP shopが下北沢のBEAR POND ESPRESSOで開かれます。

”Kariのシロップに対する自由な発想が創る、新しいシロップの世界観の広がるパファーマンス・ライブを見ることができます。

新商品として、BEARPOND ESPRESSOのコーヒー豆「flower child」で作ったシロップ「MORRIS KITCHEN ESPRESSO SYRUP」も紹介されます。"

 

Kari Morris

サンフランシスコにてアートスクールを卒業後、アーティストを目指していた頃、南フランスで偶然出会ったジンジャーシロップをヒントに、2009年、ACE HOTEL、Breslinのスーシェフであった兄のTylerと2人で兄妹デュオ「MORRIS KITCHEN」を結成。
Williamsburgを拠点にした、純粋なMade in Brooklynブランドを立ち上げた。

小規模ながらもハンドメイドにこだわり、食とアートを繋げること、地産地消の食文化をつくることを目的としながら、ファーマーズマーケットで手売りを続ける彼女のスタイルは多くの人々に受け入れられている。
彼女自身、小さな子ども たちへの食育にも力を入れていて、正しく安全な食事を広めることにも力を注いでいる。

 

ブルックリンでハンドメイドを続ける兄妹と、唯一無二の道を行くBEARPONDの田中さんは、精神的に共鳴する部分も多々あるのでしょう。だからこそのコラボレーション。

MORRIS KITCHENの美味しいジンジャーシロップとその利用法をご紹介した記事はちょうど1年前。こうしてみると、私は夏にはウォッカ系ばかり飲んでいるのです。昨晩は大坊珈琲店でブラックルシアン、バーラジオでウォッカギムレット。

Bp2

|

« 大坊珈琲店の閉店 | トップページ | 『東京の喫茶店』4刷御礼、私とわたし »

05 下北沢・小田急線のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/58015649

この記事へのトラックバック一覧です: Morris Kitchen(ブルックリン)のポップアップ・ショップ@下北沢BEAR POND:

« 大坊珈琲店の閉店 | トップページ | 『東京の喫茶店』4刷御礼、私とわたし »