« FLIPFLOP、リヤカーの芋けんぴ売り | トップページ | Daichi & keats ([iiyo!!] 丸の内) »

2012年2月26日 (日)

グリドルケーキとケメックスのコーヒー(BEAR POND ESPRESSO)

Bearpond_04(通常営業は13時からスタート)

下北沢BEAR POND ESPRESSOでのGriddlecake Brunch は早々に予約締切となり、当日は小雨にもかかわらず大盛況でした。引き戸を開けたとたんに、店内の熱気でメガネがくもって一瞬なにも見えなくなったくらいに。

Bearpond_01_2

シアトルから来日したシェフ、Kylen McCarthyさんの焼くグリドルケーキ(パンケーキ)は小ぶりで、ほんのり塩気を持たせ、スイーツにも食事にも対応できる風味。

Bearpond_02

BEAR PONDのカウンターにケメックス。ちょっと珍しい光景。
「海外の味を日本に持ってくるとき、気候の違いなどを考慮して日本向けにアレンジされてしまうものが多すぎる」という田中さんは、Kylen McCarthyさんがシアトルで使っているのと同じ量のコーヒー豆を正確に計測して抽出していました。

Bearpond_03

Kylen McCarthyさん。おそらく田中さんとの間で「日本に遊びに行くのでよろしく」「じゃ、いっしょになんかおもしろいことする?」「いいですね~」という気軽なやりとりがあって、今回のイベントがさらりと実現したのではないかと想像しています。

Bearpond_05

小さなお店だからこそ身軽に、スピーディーにやってしまえること。大規模に展開するお店では、取材ひとつとっても宿命的に「広報を通してください」になって、最初にその場にあった勢いが削がれてしまいがち。
BEAR PONDには今後も「個人の力」を発揮して、どんどん刺激的な遊びをしてお客さまを愉しませてほしいのです。田中さんはKylen McCarthyさんが使ったスペイン産の立派な豚の足と、ハイタッチをしていました(笑)

|

« FLIPFLOP、リヤカーの芋けんぴ売り | トップページ | Daichi & keats ([iiyo!!] 丸の内) »

05 下北沢・小田急線のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/54084364

この記事へのトラックバック一覧です: グリドルケーキとケメックスのコーヒー(BEAR POND ESPRESSO):

« FLIPFLOP、リヤカーの芋けんぴ売り | トップページ | Daichi & keats ([iiyo!!] 丸の内) »