« 『みんなのコーヒーブック』 | トップページ | SPEAK LOW »

2012年2月 9日 (木)

『コーヒーピープル』、Blowin' in the Wind

私の場合、本作りはいつも出版社から「こんなテーマで作りませんか」とお声をかけていただくことからスタートします。

そのたびに、「ご提案いただいたテーマも面白そうですが、コーヒーに関わる仕事をしている人々、たとえば小さなロースターの焙煎人の姿を紹介するというテーマはいかがでしょう」と、遠慮がちに申し上げてきました。
私が出会ったコーヒー関係者たちは、試行錯誤して壁につきあたりながらも小さな信念をもって仕事に打ちこんでいる姿が魅力的で、悩みの中から自分にとっての真実をみつけだし、味のある言葉を聞かせてくれることが多かったから。

出版社との打ちあわせの席にて、その内容を私が一生懸命に説明すること約30秒。返ってくる反応は同じで、「ははは、それはマニアックな本ができそうですね。さて今回の本ですが、スケジュール的には……」と、話題があっさり次に移ってしまうというパターンでした。

初めて「なるほど。それで?」と言ってくださったのがメディアファクトリー。おかげで今年2月、さまざまなかたちでコーヒーに関わる14組の人々をご紹介する『コーヒーピープル』を上梓することができました。

Bearpond

新刊『コーヒーピープル』より/BEAR POND ESPRESSO 田中さん

制作中のエピソードその1。取材後すぐに原稿を書き始めることはせず、時間をおいて自分のなかで熟成させてから書いていったのですが、その熟成期間中にもどんどんお店として次にやりたいこと、向かうべき方向についてのアイディアを生み出してしまうのがBEAR POND ESPRESSOのオーナー、田中さん。日々、大量に考えつづけ、挑戦しつづける。とてつもないエネルギーを仕事に注いでいるのです。おそらく私のような凡庸な人間であれば、エネルギー切れで燃えつきてしまうはず。

そのため、BEAR PONDの章には盛りこみたいことが増えすぎて収拾がつかなくなりそうなのを、やっとまとめました。校正のときに流していたBGMはBlowin' in the Wind。14組のそれぞれにテーマ音楽を決めて、作業中の章ごとのBGMにしていたのです。作者のささやかな楽しみ。

|

« 『みんなのコーヒーブック』 | トップページ | SPEAK LOW »

97 本日の1冊」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/53936957

この記事へのトラックバック一覧です: 『コーヒーピープル』、Blowin' in the Wind:

« 『みんなのコーヒーブック』 | トップページ | SPEAK LOW »