« 『東京カフェを旅する~街と時間をめぐる57の散歩』7月9日ごろ発売 | トップページ | デロス島、太陽神と月の女神が生まれた聖地 »

2010年6月22日 (火)

ドバイ経由アテネ&ミコノス島行き

1ヶ月前までは全然考えていなかったのだけれど、シンクロニシティがたくさん降ってきて、月末から9日間だけミコノス島~アテネに行くことにしました。ゲイのカップルとハネムーナーが多い島だそうですが、しぶしぶひとりで。

ギリシャというキーワードはずいぶん以前から私の中にあったのですが、旅をするのはもっと後年のことだろうと思っていました。

今月唐突に思い立ったきっかけは、単なる夢。誰かにミコノス・スイッチという言葉を何度も復唱させられていたのです。夢のさめぎわに「ちょっと言いにくいなあ」とこぼしていた私。スが2度続きますから。

こんな酔狂な旅は、昨年のイスタンブール~カッパドキア旅行以来。今回はあまりにも急で、私にしては珍しくためらいがあり、航空券とホテルの手配をしたのが昨日。「もう、来週のご出発ですね?!」と旅行会社の人もあせり気味。

決心のチェックメイトとなったのは、昨日、そういえば村上春樹がギリシャ~イタリア滞在記を書いていたっけ、と本棚からひっぱりだした『雨天炎天』。読み始めてすぐに、これはやはり行っておこうと思いました。『ノルウェイの森』はミコノス島で書かれたのでした。

エミレーツ航空を利用するので、ドバイでちょっとだけストップオーバーしてきます。リーマンショックでバブルが崩壊したあと、さまざまな、高度にばかげてファンタジックな建築物が工事中のままストップしているというニュース番組を見たことがありますが、その後再開したのかしら?

ミコノスで何かのスイッチを入れるのか、切るのか、壊すのか、さっぱりわかりませんが、ただのんびりしてきます。またさぞかし迷子になることでしょう。

|

« 『東京カフェを旅する~街と時間をめぐる57の散歩』7月9日ごろ発売 | トップページ | デロス島、太陽神と月の女神が生まれた聖地 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/48690792

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイ経由アテネ&ミコノス島行き:

« 『東京カフェを旅する~街と時間をめぐる57の散歩』7月9日ごろ発売 | トップページ | デロス島、太陽神と月の女神が生まれた聖地 »