« 夏への扉(青梅)と『東京ふつうの喫茶店』(泉麻人) | トップページ | カフェ友とカフェに助けられてロカリテにたどりついた話 »

2010年5月15日 (土)

竹林カフェは5月16日まで

築200年の古民家を舞台に、手織物作家の真木千秋さんが開いている真木テキスタイルスタジオ。その一角にすばらしいインド菜食料理の食べられるカフェ「竹林カフェ」があることはAll Aboutのこちらの記事でお伝えしました。

カフェでおいしく美しい菜食料理をつくっているのがインド出身のラケッシュさん(写真下左/ノーブルな美青年でしょう!(笑)。 このたび真木さんがヒマラヤのふもとの村に新しい工房をつくり、ラケッシュさんが現地で活躍することになったので、大変もったいないのですがカフェは休業することに。

Chikurin_cafe07

今後は、イベント期間などにラケッシュさんが来日しているときだけ、カフェをオープンする予定だそう。彼が手作りするサンバル(南インドの野菜カレー)もドサ(米粉のクレープ)チャイもお菓子も本当にセンスがいいので、いつかぜひレシピを教えていただきたいと思っています。

というわけで、竹林カフェの通常営業は明日、5月16日(日)まで。私のこの写真は冬に撮影したので背景の竹林が冬色ですが、昨日、竹林カフェに駆けつけた人によれば、いま、とても美しい色で揺れているそうです。カフェの詳細は真木テキスタイルスタジオのこちらを。

このとき購入した大判のストールが、ちょうど新緑の季節の竹の色。すべて自然の草木から繊細な色をいただいていて、その中の一色は沖縄のフクギで染めたものだ、と真木さんからうかがったことなどを思い出しています。

|

« 夏への扉(青梅)と『東京ふつうの喫茶店』(泉麻人) | トップページ | カフェ友とカフェに助けられてロカリテにたどりついた話 »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/48363084

この記事へのトラックバック一覧です: 竹林カフェは5月16日まで:

« 夏への扉(青梅)と『東京ふつうの喫茶店』(泉麻人) | トップページ | カフェ友とカフェに助けられてロカリテにたどりついた話 »