« 白トリュフをのせたエゾ鹿の濃厚ラザニア | トップページ | 祇園にしむら(京都) »

2010年1月 3日 (日)

快晴暴風

Oshima
2010年元旦
快晴、暴風
伊豆大島・元町港の桟橋は波飛沫の下!

新年の空気はとぎ澄まされて、風のなかに薄い銀粉のような未知の粒子が渦巻いているのを感じます。明日がもはや今日の続きではないような、奇妙な予感。きのうまで通用していたルールを引き延ばしても、どうにもならないような。

京都から大島へとめまぐるしい年末年始を過ごし、高速艇で東京に戻ってまいりました。

大島では冴えざえと晴れた空の下、強風が吹き荒れて、チケットを取ってあった帰りの飛行機が欠航。急遽、船で帰ることにしたのですが、1時間ばかり時間の余裕ができた私たちがとった行動は、「ではでは」とか「まあまあ」とか言いながらワインのボトルをからにすること。

船のタラップをのぼりながら青ざめました。波が高く、タラップそのものが大揺れ状態。海が荒れていると知りながら、直前にワインなんか飲むんじゃありませんでした…。よろめきつつ船内のシートにたどりついて、3分おきにバッチのレスキューレメディを飲んだり、こめかみに塗ったりしていたら急速に回復。旅にも自宅にも手放せない常備薬です。

義父と義母が長年にわたり初詣に訪れてきた大島・吉谷神社。今年もみんなで出かけたついでに祭神を確かめたら、なんと申しましょうか、ここでもやっぱり、大山祗の神さまだったのです。ただもう、笑ってしまいました。

|

« 白トリュフをのせたエゾ鹿の濃厚ラザニア | トップページ | 祇園にしむら(京都) »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/47194953

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴暴風:

« 白トリュフをのせたエゾ鹿の濃厚ラザニア | トップページ | 祇園にしむら(京都) »