« 博多~呼子・弾丸美味ツアー:大和でイカづくし | トップページ | (窯)ハレノヒの凹カステラ…麻布十番 »

2009年10月 5日 (月)

パニック障害

東京カフェマニアではカフェの求人情報を掲載していますが、ある都心のカフェの女性オーナーから、採用終了後しばらくたってからこんなメールをいただきました。

この求人情報を通して採用した人がパニック障害なのです。とてもおっとりとしていて感じの良い人だったし、パニック障害は治ると聞いているので、みんなでなんとか助けあっていけたらと考えているのですが、本人と連絡が取れなくなってしまったので再度、求人情報の掲載をお願いします、と。

「パニック障害について詳しくはわからないけれど、自分だって簡単になってしまいそうな病気だと思うし」という女性オーナーの言葉に、相手の痛みを感じとろうとする思いやりの気持ちがにじんでいます。

ではまた求人情報の掲載を、と準備しかけていたら、再びメールが届きました。
「お母さまと連絡が取れて、うちのお店で働くのは楽しいそうですので、“助けあい運動”に入ることにしました」

もちろん、この方がカフェのスタッフとして必要な“感じの良い人”という条件を満たしていたことが基本なのですが、本人もお母さまも、この女性オーナーに受け入れていただけたことをどれほど嬉しく、ありがたく思っていることでしょう。しかも、あんなに素敵なカフェでのお仕事!
おそらく、発作の恐怖で電車に乗れなくなってしまったりすることもあるのだと思いますが、本人も周囲の人々ものんびりかまえてお仕事を続けていってくださったらと、心から願っています。

|

« 博多~呼子・弾丸美味ツアー:大和でイカづくし | トップページ | (窯)ハレノヒの凹カステラ…麻布十番 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/46401731

この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害:

« 博多~呼子・弾丸美味ツアー:大和でイカづくし | トップページ | (窯)ハレノヒの凹カステラ…麻布十番 »