« 美女と京都カフェ散歩 | トップページ | 大山祇(オオヤマツミ)神社奇譚 »

2009年10月25日 (日)

旧五輪教会/どこまでも静かな場所へ

Goto_02_2

久賀島。信者以外の島民は訪れることのない旧五輪教会。

島に1社しかないタクシーの運転手さんによれば、現在、カトリック信者は島民の4分の1くらいじゃないかな、とのこと。残る4分の3の島民たちは、隠れキリシタンの歴史に対する興味は驚くほど薄いのです。無意識に避けている、といったほうが正確でしょうか。

「小学校の社会の時間などに、さぞかし島の歴史について習ったでしょう?」と尋ねたら、全く習わないとのこと。私が悪寒に襲われた隠れキリシタンの牢獄跡などは、子どものころに肝試しをして遊んだ場所だったといいます。

Goto_01

道路もろくに整備されていないからこそ、この静寂が保たれてきたのでしょう。つつましい古い教会の木造のアーチ。光の薄い夕暮れどき、聞こえてくるのは自分が床板を踏む音だけ。いつしか心のなかもしんと静まりかえって、私はずいぶん長いことこの教会の中にただ、立ちつくしていました。

Goto_04

自分の本質的な静けさから離れないように。自分の外側に何かを求めないように。もしも私が祈るとすれば、そんなことだったでしょう。どこまでも深い沈黙のなかに、奇跡はいくらでも生起してくるようでした。写真もまた、ひっそりとした光をとらえていました。

Goto_03

|

« 美女と京都カフェ散歩 | トップページ | 大山祇(オオヤマツミ)神社奇譚 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/46574961

この記事へのトラックバック一覧です: 旧五輪教会/どこまでも静かな場所へ:

« 美女と京都カフェ散歩 | トップページ | 大山祇(オオヤマツミ)神社奇譚 »