« 続編:人生の価値は、思い出し笑いの数? | トップページ | 富士山の季節、ビートルズ・デジタル・リマスター版 »

2009年9月23日 (水)

「村上春樹・戦記~『1Q84』のジェネシス」

村上春樹『1Q84』続編!」にて、『1Q84』のBOOK 3が目下、執筆中らしいことに触れましたが、いま、書店には『1Q84』をめぐるさまざまな案内書が -キーワードを表面的に羅列しただけの軽いつくりの本から、個人が本気で読み込んで論評した本まで- 何冊も並んでいます。今週はじめに数年ぶりの風邪でダウンしたおかげで、ベッドの中で読書がはかどりました。

読んだなかで最も痛快だったのが、鈴木和成の「村上春樹・戦記~『1Q84』のジェネシス」。タイトルはもちろん、村上春樹+柴田元幸の対談集『サリンジャー戦記』からとられたのだと思いますが、まさに戦記と呼ぶにふさわしい、20年以上にわたって村上春樹作品をがっちり精読してきた人ならではの果敢な考察。

『1Q84』の起源(ジェネシス)を探る第1章では、リトル・ピープルとは何であるのかについて、明快な解答が述べられています。ジョージ・オーウェルの『1984』に登場する「ビッグ・ブラザーとしてのマスメディア」が80年代に変容をとげてリトル・ピープルが生成されたのだと。この結論を導いていくあたりが非常にスリリング。そしてこんな細部も、おお!と思わせてくれます。 ※太字は私による。

…ふかえりの起源(ジェネシス)には 『ダンス・ダンス・ダンス』 の美少女ユキ(「GENESIS」というレタリングの入ったトレーナー・シャツを来て登場してくる)がいて、ユキの起源には 『羊をめぐる冒険』 の 「耳のガールフレンド」 、キキがいるのではないだろうか?

                  (鈴木和成「『1Q84』のジェネシス」)

|

« 続編:人生の価値は、思い出し笑いの数? | トップページ | 富士山の季節、ビートルズ・デジタル・リマスター版 »

97 本日の1冊」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/46291233

この記事へのトラックバック一覧です: 「村上春樹・戦記~『1Q84』のジェネシス」:

« 続編:人生の価値は、思い出し笑いの数? | トップページ | 富士山の季節、ビートルズ・デジタル・リマスター版 »