« 沖縄の蚊取り線香 | トップページ | BREAD, ESPRESSO &(パンとエスプレッソと)…表参道 »

2009年7月 6日 (月)

『フリーポア ラテアート』バリスタテクニック応用編

Latteart_book

フリーポア・ラテアートのワールドチャンピオン、澤田洋史さんの著書が発売になりました。

フリーポア ラテアート
旭屋出版
澤田洋史:著
定価1.890円(税込)

「テクニック 01」の章ではエスプレッソの抽出とミルクのスチーミングが詳しく図解され、「テクニック 02」の章では基本のロゼッタから、複数のラテアートを組み合わせて描く方法まで解説されています。

しかしなんといっても見とれてしまうのは、「エクストリーム ラテアート」の章で紹介されている澤田さんのラテアートの数々。カップの中に5つのロゼッタが星形に輝いていたり、ハートに矢が刺さっていたり。

ミルクピッチャーの動きだけでこれらを描きだす技術には、驚くばかりですね。自分でもラテアートに初挑戦して、「胞子をばらまく毒キノコ」、「消えゆく背後霊」などを描いてしまったあとでは、いっそう澤田さんのすごさを認識してしまいます。

Barista

本そのものから、アメリカン・カルチャーくささが強く感じられるのも魅力です。デザインもそうですし、たとえば「ラテアートのための問題解決」(トラブルシューティング)などという表現がいかにもアメリカっぽいですよね。

また、「ヒロシ・サワダのバリスタスタイル」として、澤田さんが主に北米でコレクションした、コーヒー豆やラテアートをかたどったファッションアイテムを公開しているのも、従来のバリスタブックとはテイストの異なる新鮮さを感じました。

ここで紹介されているコーヒー豆のかたちをしたゴールドのピアスが素敵なのですが、なんと、本物のコーヒー豆をずらりと連ねたブレスレットもあるんですね。焙煎の度合いを違えて、ベージュ色の豆から焦げ茶色の豆までカラフルに連ねるという凝ったつくり!

そんな細かなところまで、たっぷり楽しめる本です。ぜひ書店で実物をご覧ください。

|

« 沖縄の蚊取り線香 | トップページ | BREAD, ESPRESSO &(パンとエスプレッソと)…表参道 »

97 本日の1冊」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/45551673

この記事へのトラックバック一覧です: 『フリーポア ラテアート』バリスタテクニック応用編:

« 沖縄の蚊取り線香 | トップページ | BREAD, ESPRESSO &(パンとエスプレッソと)…表参道 »