« 杉並区の公式スイーツ@カフェ「Fika Fika」 | トップページ | もえさんの脚は私の腕より細かった…のアーモンドカフェ »

2009年7月12日 (日)

移動熱とピュアシナジー

おかしなことに、旅から帰ってくる途中で、必ず熱を出します。

海外旅行の場合は、成田空港に戻る飛行機のなかで決まって熱を出して大汗をかいてしまうし、わずか1泊2日の国内旅行でも、帰りの新幹線のホームに向かうころに熱が上昇しはじめて、座席につくころには暑くてたまりません。ひたいや首すじに手で触れると燃えるよう。

名づけて「移動熱」。行きは平気なのに、帰りだけ決まって発熱する不思議。自宅で一晩眠ればすっと下がってしまうので気にしてはいませんが、単純に旅の疲れということでは納得できない奇妙な発熱です。

旅先でピュアシナジーを飲むようにしたら、以前は1週間の取材旅行に出かけると、毎日夕方には全身がぐったりと重くなってしまい、ホテルに戻って眠るだけになっていたのが、みごとに疲労を全く感じず、夜もまともに起きていられるようになりました。

しかし、ピュアシナジーを導入してもなお、移動熱だけは出るのです。旅先でその場所の風景や空気やおいしいものに集中するあまり、魂の一部をそこに置いてきてしまうのでしょうか? そして、肉体が帰路についたことに気づいた魂が、あわてて肉体に戻ってくるものだから、その摩擦で熱が出るのしょうか…などと想像しています。

Dressing 数年前に初めてピュアシナジーにトライしたときには良さがわからず、小瓶を半分ほど飲み終えたところで飲まなくなっていたのですが、なんとなく思い立って再度購入してみたら手放せなくなりました。飲むべきタイミング、出会うべきタイミングがあるのかもしれません。

とくに旅先での体調維持には欠かせないので、写真のパイレックスのドレッシングシェーカーといっしょに、小瓶に移し替えたピュアシナジーを持参しています。(粉末を水に溶かして飲むのです)

|

« 杉並区の公式スイーツ@カフェ「Fika Fika」 | トップページ | もえさんの脚は私の腕より細かった…のアーモンドカフェ »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/45606495

この記事へのトラックバック一覧です: 移動熱とピュアシナジー:

« 杉並区の公式スイーツ@カフェ「Fika Fika」 | トップページ | もえさんの脚は私の腕より細かった…のアーモンドカフェ »