« 文庫本葉書…DADA CAFE(代々木) | トップページ | コーヒーは恋人を選ぶように選べ! »

2009年6月11日 (木)

奥野修さん×オオヤミノルさん対談@ディモンシュ(鎌倉)

鎌倉のcafe vivement dimancheの15周年記念イベント、コーヒー・トーク・セッションvol.4は、京都コーヒー界の有名人おふたりを招いて大盛況のなかでおこなわれました。ディモンシュ堀内マスター、六曜社地下店の奥野修マスター、最近京都のコーヒー自慢のカフェで使われていることの多いオオヤコーヒ焙煎所のオオヤミノルさんというすばらしい顔合わせ。

奥野さんは「オクノ修」としてのミュージシャン活動でも知られていますが、本日のトークセッションでもギター弾き語りを披露してくださいました。名曲『ランベルマイユ コーヒー店』。CDでは何度も聴いていたのですが、生で聴くのは初めて。こみあげてくるものがあって、涙せずにはいられませんでした。(隣で友人も涙していたよう)

街角の小さな喫茶店に毎朝満ちている珈琲の香り。今日という一日を地道に積み重ねて生きていこうという気持ち。働くということ。喫茶魂のようなもの……そんなことがみな、歌うオクノ修さんの姿からあふれ出していて、言っていることと実際にしていることのあいだにズレの少ない生き方をしている人ならではの説得力。

オオヤさんが「やめてしまいたくなる日は六曜社地下店に行って、奥野さんがカウンターにいる姿を見る」とおっしゃるのも、堀内さんが同じ意味のことをおっしゃるのも、深くうなずけました。

|

« 文庫本葉書…DADA CAFE(代々木) | トップページ | コーヒーは恋人を選ぶように選べ! »

11 神奈川・千葉・茨城・埼玉・群馬のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/45302558

この記事へのトラックバック一覧です: 奥野修さん×オオヤミノルさん対談@ディモンシュ(鎌倉):

« 文庫本葉書…DADA CAFE(代々木) | トップページ | コーヒーは恋人を選ぶように選べ! »