« LOBROS(ロブロス)…自由が丘Trainchi | トップページ | hiki cafe(ヒキカフェ)…渋谷 »

2009年6月26日 (金)

『未来の食卓』~悪いと知っていて食べるのは人間だけ

未来の食卓 京橋の映画美学校で、フランスのドキュメンタリー映画『未来の食卓』の試写を観てまいりました。

舞台は南仏の小さな村。一見、緑豊かな環境に恵まれた農業地帯のようですが、じつは農園には大量の殺虫剤や化学薬品が散布されており、大人から子どもまでガンや白血病の罹患率が増加の一途をだとっています。

村長は「村の小学校の給食をすべてオーガニックにする」という異例の試みに挑戦し、子どもたちや村の人々、農家を巻き込んで、小さな奇跡の輪を少しずつひろげていきます。

笑えるのは、登場する子どもたちがけっこう正直なこと。ある男の子はニンジンが嫌いでフライドポテトが大好き。給食からフライドポテトが姿を消したことに、まだ未練たっぷりのようです。そして彼の姿は、確実に肥満の兆候を示しているように見えます。

上映終了後、来日して日仏会館での記者会見を終えたばかりのジャン=ポール・ジョー監督が会場に駆けつけて、小さな会場を埋め尽くした観客に向けて短いスピーチをおこないました。

そのなかで最も印象的だった言葉が:

「体に悪いと知っていながら、それを自分の子どもに与える動物は人間だけ」
「悪いとわかっていながら食べ続ける動物は人間だけ」。

ジャン=ポール・ジョー監督自身がガンを患ったことが、食生活と環境を“どこか遠くの問題”ではなく、真に自分の身にさし迫った問題として考える契機となったようです。

映画の中では、のどかで美しい田園風景のなか、宇宙服のような防護マスクをかぶった農民がトラクターに乗って農薬を散布していく姿が衝撃的ですが、フランスは農業大国、日本はそうではないからここまでひどくないはず…と思うのは大きな間違い。映画のパンフレットによれば、日本は1ヘクタールあたりの農薬使用量がなんと世界で第2~3位という恐ろしいことになっているのですって。

私たちにとっても、もはや、オーガニック食材は価格が高めだとか、それについて考えるのが面倒とかいう次元ではすまされない事態になっているのを痛感しました。

日本の農業にも、まだ希望があるようです。たとえば各メディアで何度かお見かけした松木一浩氏は、タイユヴァン・ロブションの総給仕長から農業に転身し、静岡の「ビオファームまつき」でおいしい有機野菜を育て、その野菜を気軽にたっぷり食べられるデリカフェ、ビオデリを成功させていますね。

従来の農業にはなかった要素を持ち込んだそのビジネスモデルは、最近増えているという農業を志す若い人々にも少なからぬ勇気を与えているはず。私たちはその野菜を選んで食べることで、ちょっとずつ支えていけますね。

|

« LOBROS(ロブロス)…自由が丘Trainchi | トップページ | hiki cafe(ヒキカフェ)…渋谷 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/45452728

この記事へのトラックバック一覧です: 『未来の食卓』~悪いと知っていて食べるのは人間だけ:

» 【フランス映画祭2009】 『未来の食卓』 (2008)/フランス  [NiceOne!!]
原題 : Nosenfantsnousaccuseront監督 : ジャン=ポール・ジョー鑑賞劇場 : TOHOシネマズ六本木ヒルズフランス映画祭2009 公式サイトはこちら。<Story>フランスでは年間76,000トンもの農薬が使われている。子供たちの未来を脅かすこの現状を打開すべく、...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 22時36分

« LOBROS(ロブロス)…自由が丘Trainchi | トップページ | hiki cafe(ヒキカフェ)…渋谷 »