« 咲いています/ツチオーネ | トップページ | チョコを選べば世界が変わる »

2009年3月29日 (日)

人形町・茶一の閉店

日本茶カフェ「茶一」の女性店主から、ていねいなお手紙をいただきました。これまでにも彼女は時おり「お仕事の息ぬきに」と、鹿児島のおいしい日本茶を少しずつおすそわけしてくださっていて、人形町のあの小さくて静かな空間を思いながらお茶をいただくことは、私の折々の楽しみになっていました。

お手紙には、3月いっぱいで茶一を閉めることが綴られていました。ご家族の都合により、鹿児島にいらっしゃることを決意されたようです。本当は毎日店を開けてお客さまと接していたい、と彼女の言葉。お客さまからも「どうか続けて」というお願いは多いのでしょうが、店主ひとりで営むお店ですから、人生の事情が変われば、お店に影響が出るのはやむをえないこと。

「今日、店に向かう道すがら、街路樹のコブシの枝を
 切っているところに、偶然通りかかりました。
 仕事中のお兄さんに『お花の枝、少しもらいたいのですが』と頼むと、
 『もう20人くらいから言われたよ』と快く渡してくれました。
 コブシの花を活けるなんて初めてです。
 店の終わりに、人形町の通りの木の枝を飾れるなんて
 なんて幸せと思いました」

8年間ありがとうございました。あたたかくて、良いものがいっぱいで、とても素敵なカフェでした。
※茶一の最後の2日間には、まだ間に合うはずです。

|

« 咲いています/ツチオーネ | トップページ | チョコを選べば世界が変わる »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/44501577

この記事へのトラックバック一覧です: 人形町・茶一の閉店:

« 咲いています/ツチオーネ | トップページ | チョコを選べば世界が変わる »