« チョコレート探偵 | トップページ | 本日の言いまつがい »

2009年2月12日 (木)

強要ロハスと地球寒冷化

年末にカフェの店長さんから聞いた笑い話。カフェの常連客の中にたいへん環境に対する意識の高い女性がいて、彼女がお店のトイレに入ったあとは、必ず便座のヒーターのスイッチが消されているのだそうです。おかげで次に利用する人は、便座の冷たさに泣かされてしまうとか。

正しいことは大声で言いやすいものですが、それがどれほど正しくても、有無を言わせず他人に強要するのは反則ですよね。

「2月2日、日本経済新聞に『地球の気候 当面「寒冷化」』という大きな記事が載りました」

これは愛読している雑誌『オルタナ』の編集長・森さんのメールマガジンに書かれていたこと。地球の平均気温は98年をピークに低下しており、08年の平均気温は21世紀に入ってから最も低かったといいます(英気象庁調べ)。

もしそれが事実なら、温暖化を食い止めるための数々の努力は…・と愕然としますが、地球にストレスをかけずに生きる方法を探してきたことは、たぶん無駄にはならないはず。

メールと同じ内容を、森さんのブログ「オルタナ編集長日記」でも読むことができます。ちなみに森さんは渋谷にあるおいしいチェコ料理カフェ、cafe anoのオーナーで、私はカフェの取材を通して森さんの活動を知ることになりました。

|

« チョコレート探偵 | トップページ | 本日の言いまつがい »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/44034286

この記事へのトラックバック一覧です: 強要ロハスと地球寒冷化:

« チョコレート探偵 | トップページ | 本日の言いまつがい »