« 妖精のケーキ | トップページ | 国立・邪宗門の閉店 »

2009年2月22日 (日)

アイルランドのカフェ/セントパトリックスデー・パレード

いつか行きたい国のひとつ、アイルランド。興味の対象はケルト神話と、アイラ島の8つの蒸留所めぐり。旅のスリーカードがそろったら出かけるつもりですが、いつになるのでしょう。

アイルランドのAvoca Cafeから女性シェフのレイリー・ヘイズさんが来日し、アイルランド流スコーンの作り方を披露したのをAll Aboutカフェでご紹介したことがあります。その記事を読んでくださった方の中に、エンヤがきっかけでアイルランドに惹かれ、その後さまざまな出会いに導かれるようにしてアイルランドに留学した女性Sさんがいらしっしゃいました。

「ダブリンの語学学校のお友達が真っ先に教えてくれたのがavoca でした。とってもかわいくて楽しいお店なんだけど、アイテムはちょっとセレブなお値段で、それでもフード系はすっごく気にいって、ついつい何度か食べに行った記憶があります。焼きたてのスコーンはやさしくて、手作り感いっぱいで、一口でとっても幸せな気分になっていました」

現在、Sさんは非営利団体「アイリッシュネットワークジャパン」でボランティア活動をしていて、3月21日に横浜元町でおこなわれるセントパト リックスデー・パレードという楽しそうなお祭りのお知らせを送ってくれました。セント・パトリックは緑の島アイルランドの守護聖人。詳細はアイリッシュネットワークジャパン横浜のWebサイトでどうぞ。

Sさんによれば、パレードついでに立ち寄るべきう横浜元町のおすすめカフェは、日本茶カフェの茶倉

「私は普段山手から元町にかけての坂道をひとり歩きするのが好きなので、茶倉はおひとりさまには嬉しいお店です。パレードの喧噪とは対極にあるお店ではありますが。
一ハマっ子としては、緑アイテムを身につけてパレードを楽しんで、一服したら喜久屋のラムボールをおみやげにして帰っていったらいいんじゃないかなーなんて勝手に思ってます」

パレードが始まる前には、オープニングセレモニーとして、アイリッシュミュージシャンによる演奏やアイリッシュダンスが楽しめるようです。Sさんによれば、アイルランドは「こころとからだがささくれてしまった人を、じんわりとあたためてくれるような、そんな魅力があるように思います」とのこと。早春の1日、守護聖人のお祭りでもあたたまれそうですね。

|

« 妖精のケーキ | トップページ | 国立・邪宗門の閉店 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/44139331

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドのカフェ/セントパトリックスデー・パレード:

« 妖精のケーキ | トップページ | 国立・邪宗門の閉店 »