« 『ゼロからつくる、はじめてのカフェ』重版御礼 | トップページ | 日本橋のサイエンスカフェ(2月28日) »

2009年2月 2日 (月)

Kanbutsu Cafe(カンブツカフェ)…代々木上原

Kanbutsu_cafe

表参道にマクロビオティック料理のおいしいBROWN RICE CAFE(ブラウンライスカフェ)をつくったタカコ・ナカムラさんが、代々木上原駅前に乾物(かんぶつ)をテーマにした小さな小さなデリ&カフェをオープン。店内にはバラエティに富んだ乾物とオーガニックな野菜のデリがところ狭しと並んでいます。

リビングフード専門店Cafe ALIVE(カフェアライブ)の取材帰りに立ち寄ったところ、ちょうどお昼どきで、わずか4、5席のみのイートインスペースはランチメニューの「小豆ココナッツカレー」(\850)を楽しむ人々で満席。見るからにおいしそうでしたが、直前にcafe ALIVEでリビングフードプレートを完食していたこともあり、今回はオーガニック豆乳チャイ(\400)のみいただいて、デリをテイクアウトすることにしました。

代々木上原の至近距離にはCafe ALIVE、このKanbutsu Cafe、そしてGAIAと、心身の健康を本気で考えるフードショップが並び、代々木上原オーガニック銀座、とでも名づけたい光景。

この日はたまたま「移動チャイ屋とワイルド人参」の日。壁にはこんな貼り紙がありました。

 インドに武者修行に行っていました
 スパイス番長のバラッツさんがとうとう帰ってきます!

スパイス番長はチャパティ名人でもあるそうですが、とにかく今回のデリのテーマスパイスは「シナモンとジンジャー」、テーマ食材は「ワイルド人参」。

ワイルドなニンジンとは野生のニンジンのこと?…と思いましたら、チラシに詳しく素敵な説明が書かれてました。日本各地に眠っている、放置されて雑草のおいしげった田んぼや畑、つまり耕作放棄地が--

「専門家は大問題と思っていますが、逆転の発想をすると宝物だったんです」

何年も放置された田畑は、もはや化学肥料や殺虫剤がまかれなくなって久しいので、地球の思い通りにいのちが循環して微生物がいっぱいになり、ミネラルバランスが整っています。その自然のパワーに満ちた土を半年ほどがんばって耕すと、元気いっぱいの野菜が育つ最高の畑になるのですって。そして、そんな畑で育った野菜を「ワイルド野菜」と名づけたのだそうです。

ワイルド人参を使ったさまざまなデリの中から購入た「ワイルドな人参のクミンサラダ」200gがあまりにもおいしくって、後日、自分でもクミンをたっぷり使って作ってみたのですが、味は再現できませんでした。スパイス番長のクミン使いが絶妙だったことに加えて、やはりワイルド人参そのものの風味に力があったのですね。

Kanbutsu Cafe(カンブツカフェ)
東京都渋谷区西原3-4-3 アミティ代々木上原2F
【TEL】 03-5465-2210
【OPEN】11:00-22:00、日祝 11:00-20:00、無休
【Web】 http://www.kanbutsucafe.jp/

|

« 『ゼロからつくる、はじめてのカフェ』重版御礼 | トップページ | 日本橋のサイエンスカフェ(2月28日) »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/43932820

この記事へのトラックバック一覧です: Kanbutsu Cafe(カンブツカフェ)…代々木上原:

« 『ゼロからつくる、はじめてのカフェ』重版御礼 | トップページ | 日本橋のサイエンスカフェ(2月28日) »