« イスタンブールから戻りました | トップページ | 『コーヒー「こつ」の科学』石脇さんインタビュー »

2008年12月19日 (金)

アヤソフィア=聖なる叡智

Ayasofya

  (画像をクリックすると大きめのサイズでご覧いただけます)

4世紀、コンスタンティノープルの地にキリスト教の大聖堂として建設されたアヤソフィア(聖ソフィア寺院)。天井に描かれた聖母子像に射しこむ真っ白な光に、強い印象を受けました。

5世紀には争乱のため焼失、再建、6世紀には地震のためアーチの一部が崩壊、修復、10世紀にもまた崩落、修復……と、何世紀にもわたって手厚く保護され、聖なる空間でありつづけた建物。

アヤソフィアはその美しさのために、オスマン帝国がコンスタンティノープルを占拠した後は、そのままイスラム教の寺院として転用されることになります。十字架を撤去し、聖堂の周囲には4本のミナレットを建立してモスク仕様に。

キリスト教徒たちが、そしてイスラム教徒たちが、1600年以上にわたって祈りを捧げ続けた空間。天井の聖母子像は、無数の声の遠い残響にゆらめいているようにも見えました。

|

« イスタンブールから戻りました | トップページ | 『コーヒー「こつ」の科学』石脇さんインタビュー »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/43461803

この記事へのトラックバック一覧です: アヤソフィア=聖なる叡智:

« イスタンブールから戻りました | トップページ | 『コーヒー「こつ」の科学』石脇さんインタビュー »