« うっかり可愛くなってしまうオステオパシー | トップページ | イスタンブールから戻りました »

2008年12月 5日 (金)

宇宙の冗談

Photoイスタンブール行きを決めたおかげで、宇宙が「この人はこういう冗談に乗る性質なんだな」と思ったらしく、ここ数日は空から意味のない小さな冗談がたて続けに降ってきます。

ひとつめ。ヒーリングの仕事をしている知人のブログで、長いあいだ封印していた「ゴースト・ウィスパー」という特殊なヒーリングを復活させる感動的な経緯を読み、涙しそうになりました。
その直後、私が心中ひそかに師とお呼びしている、実際には会ったこともない人のブログにアクセスしたら、書かれていたのは海外ドラマ「ゴースト・ウィスパー」のこと。

ふたつめ。西荻窪ののらぼうについて記事を書いている最中に友人からメールが届き、その最後に「そのうち、のらぼうに行きませんか」という一文が。

みっつめ。今朝、cafe slowの店長さんから電話をいただきました。「お約束していた午後からの取材に、自分は急用で立ち会えなくなってしまったが、スタッフのHに引き継ぐのでよろしくお願いします」とのこと。

よく晴れた午後、初冬の澄んだ空気と国分寺の街を彩る最後の紅葉を楽しみながらcafe slowの扉を開けると、スタッフのHさんというのは、なんと先月、三軒茶屋でおこなわれたコーヒーの会でお目にかかった青年でした。
彼はお店についての私のあらゆる質問に、にこにこしながら正確に答えてくれました。ご自分の仕事にしっかりとした愛情と熱意を持っている人のお話をうかがうのは、本当に気持ちがいいものです。

よっつめ。さっき、国分寺駅前のキュートなパン屋さんキィニョンで買ってきた林檎と胡桃入りのスコーンを食べながらmixiを開いたら、マイミクのかたの本日の日記がキィニョンのパンについて。
ささやかで無意味な偶然続き。気がつくたびにちょっと笑ってしまいます。さて、次は何でしょうか?

(写真は国分寺の駅ビル8階に入っているコクテール堂コーヒー。「今日のドリップコーヒー」はマンデリンでした。眺望の良さでは国分寺随一のカフェと思われます)

|

« うっかり可愛くなってしまうオステオパシー | トップページ | イスタンブールから戻りました »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/43323997

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の冗談:

« うっかり可愛くなってしまうオステオパシー | トップページ | イスタンブールから戻りました »