« 【大人の食学】ティータイムのある暮らしVol.1 <珈琲を学ぶ> | トップページ | 万惣フルーツパーラー(まんそうフルーツパーラー)…神田 »

2008年10月11日 (土)

ダブル・シャンパン・ナイト

Piere

ピエール・エルメ・パリ 青山の2Fカフェにて、2008年のピエール・エルメのクリスマスケーキ発表会+All Aboutガイドのパーティーがおこなわれました。

名物マカロンをオーナメントとしてちりばめた夢のようなビュッシュ・ド・ノエルをはじめ、全部で10種類以上のスイーツがシャンパンとともにたっぷりとサーブされて、私たち出席者の脳には薔薇色のドーパミンが大量にかけめぐりました。

Pierre02_2最も印象に残ったのは、ローズ・マカロンとフランボワーズの優雅な帯をまとった「ビュッシュ イスパハン」と、シブヤ西武限定のエクレール。

11月23日からは「マカロン・ノエル」として、黒トリュフ入りの「マカロン・トリュフノワール」や、白トリュフとヘーゼルナッツが入った 「マカロン・トリュフブラン」、なんとフォアグラのジュレとミルクチョコレート入りの「マカロン・フォアグラ」の3個セットが登場するそうです。(3個入り2,100円)

今夜のもうひとつの大きなシャンパン・イベントは、先週から夫がそわそわしていた巨人のリーグ優勝! 

この数年、プロ野球への興味をすっかり失っていた私でさえ、秋口から巨人のミラクルの輪郭がどんどん明確になっていく様子には目が釘付けになっていましたから、帰宅して優勝を知った夫は嬉しさのあまりすっかり逆上して、「ざまあみろ~!」などとわけのわからないことを叫んでいました。

夏前の原監督の表情は憔悴しきっていて、スポーツニュースでみかけるたびに気の毒にと思いましたが、夏の終わり頃からの表情はまったく変わっていましたね。眼に力があって、気迫のみなぎる、いい顔をしていました。

夫は3本目の缶ビールを開けながら、まだスポーツ番組の歓喜のはしごを続けています。

|

« 【大人の食学】ティータイムのある暮らしVol.1 <珈琲を学ぶ> | トップページ | 万惣フルーツパーラー(まんそうフルーツパーラー)…神田 »

03 表参道・原宿のカフェ」カテゴリの記事

コメント

早くもクリスマスケーキなのですね!華やかで素敵です。
店頭に並ぶ季節が楽しみですっ♪
実家の両親は、川口様のご主人とは逆で、ドーンと落ち込んで、を抜かれたようです・・・
こんなに真剣に、春から秋まで一喜一憂できるって、うらやましいです。

投稿: KAYO | 2008年10月11日 (土) 06時19分

もしかして、KAYOさんのご両親は阪神ファンでいらっしゃいましたか。
TVニュースで阪神の応援スタンドが映し出され、顔をタオルで覆って泣く人々がクローズアップされていました。阪神ファンの心の傷はいつ癒えるのでしょう(笑)

投稿: 川口葉子 | 2008年10月12日 (日) 01時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/42748671

この記事へのトラックバック一覧です: ダブル・シャンパン・ナイト:

« 【大人の食学】ティータイムのある暮らしVol.1 <珈琲を学ぶ> | トップページ | 万惣フルーツパーラー(まんそうフルーツパーラー)…神田 »