« Full Length Table(フルレングス・テーブル)…根津 | トップページ | 珈琲 花歩(コーヒーかぽ)…西日暮里 »

2008年10月23日 (木)

ふりかける静岡

友人の強運のおこぼれにあずかり、紀伊國屋サザンシアターの最前列!で春風亭昇太師匠の素敵なバカ落語を聴くことができました。そのあと、夕方5時から友人が予約してくれていた居酒屋で、初めての静岡ワールドに浸ってまいりました。なかなかの人気店のようで、地階の小さな店内はすべて予約済み。1ヶ月も前から予約している人々もいるのですって。

名物は「静岡おでん」。イワシのすり身でできた黒っぽい板状のつみれ、大根、鶏皮、たまごなど6、7種類が、全て串に刺さっているのです。おでんに添えるのは、かつおぶしベースのふりかけ! 初めての食べかたでした。

Oden

店主によれば、このおでんは静岡県全域で食べられているわけではなく、あくまでも静岡市限定。お母さんが子どもたちにカルシウムをたっぷり採らせようとして、おやつに黒いイワシおでんを与えるのだとか。

店主ひとりで切り盛りしているので、お客さまは自分でおでん鍋の前に行って、勝手におでんを取ってくるシステム。お会計は自己申告制です。

Oden2驚いたことに、サラダのトッピングとしても、ふりかけを薦められました。このサラダもまたお客さまが自分で冷蔵庫から取り出すのですが、ドレッシングの瓶などとともに、永谷園の梅干し茶漬けの小袋が置かれているのです。

レタスや水菜の上から、梅干し茶漬けをぱらぱらとふりかけると新鮮なアクセントに。店主によれば、ドレッシングと併用しないのがポイントです。
静岡市の料理はとにかくふりかけるのだ!……と発見した一夜。

飲みもののメニューの一番下には「自動販売機」と書かれていました。ソフトドリンクはお店の外の自動販売機で買って持ち込んでもいいのです。

お店の目印は、古い薪ストーブです。そして、静岡にふる正しいルビは、「しずおか」ではなく、「しぞーか」です。

|

« Full Length Table(フルレングス・テーブル)…根津 | トップページ | 珈琲 花歩(コーヒーかぽ)…西日暮里 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/42883897

この記事へのトラックバック一覧です: ふりかける静岡:

« Full Length Table(フルレングス・テーブル)…根津 | トップページ | 珈琲 花歩(コーヒーかぽ)…西日暮里 »