« Galettoria(ガレットリア)@渋谷 | トップページ | Flying Books(フライング・ブックス)…渋谷 »

2008年9月18日 (木)

間違い+壊す+なくす

その1。2日間つづけて雑誌の連載用カフェ取材。自分で日時をセッティングしておきながら、カフェをとりちがえて、初日に、次の日行くべきカフェに行ってしまいました。すぐさまお店のオーナーにタクシーを呼んでいただいて移動! 2軒とも三軒茶屋のカフェだったのが奇跡といえば奇跡のような幸運で、無事に取材終了。正しいお店で私を待っていてくれた雑誌専属カメラマン氏には、終始笑われっぱなしでしたが。

その2。愛用のイタリア・DELTA社のペン、美しいドルチェビータ・ミディアムが…壊れました。私は現在までにこのペンを3本も購入しているのです。1本目は落としたらペン軸が割れてしまって、2本目は紛失して。3本目となる今回は、ペン軸のネジ部分が破損! いつもバッグから入れたり出したり、酷使しているせいでしょうか。

どういうわけか、このペン以外はどんなペンを見ても購買意欲がそそられないのです。もっと豪華なペンはいくらでも売り場に並んでいるのですけれど。プレゼント用ではなく、自分のために同じドルチェビータを何本も買いつづける人間なんて、もしかしたら日本中で私だけかもしれませんね…トホホ。

その3。渋谷で携帯電話を紛失。取り急ぎDocomoに連絡して、使用不可にしてもらいました。

2日のあいだに、これら3つの災難。慣れ親しんだものをなくしたり壊したりするのは転機のサインと言いますが、ちょうど自分の新しいテーマをなんとなく求めている時期で、うーん、なるほどと感心しました。

|

« Galettoria(ガレットリア)@渋谷 | トップページ | Flying Books(フライング・ブックス)…渋谷 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

ああ、私も気を引き締めようと思いました!
ありがとうございます!!!
それにしても、そのペンは美しいですね。見とれてしまいました。
ドルチェ・ビータという名前も素敵です♪

投稿: KAYO | 2008年9月18日 (木) 08時04分

そうなのです! 黒とオレンジの外観の美しさもさることながら、好きなフェリーニの映画と同じ名前が付けられているので、このペンに寄せる愛情が2倍になっているのです。
『甘い生活』が好きなあまり、イタリア二人旅をしたときはローマのヴェネト通りに建つ、映画の舞台となったホテルに宿泊しました。

投稿: 川口葉子 | 2008年9月19日 (金) 08時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/42512533

この記事へのトラックバック一覧です: 間違い+壊す+なくす:

« Galettoria(ガレットリア)@渋谷 | トップページ | Flying Books(フライング・ブックス)…渋谷 »