« マナ・フーズ&ダブル・レインボウ | トップページ | 美女のふくらはぎ »

2008年9月 3日 (水)

喫茶穂高(きっさ・ほたか)@御茶ノ水

Hotaka_2数年ぶりにJR御茶ノ水駅前の喫茶店、穂高に入り、午前の時間を楽しみました。穂高は「「純喫茶」ならぬ純正喫茶とでも呼びたくなる存在です。

古くからの喫茶店によくあるモスグリーンの布張りソファ、珈琲豆色の天井と壁。なによりも貴重なのは、窓の向こうにひろがる蔦に覆われた小さな中庭。すぐ下は御茶ノ水駅のホームなのに、おいしげる植物の緑がみじんも喧噪を感じさせません。

東京には不思議に端正な美しさを感じさせるたたずまいの喫茶店がいくつかありますが、穂高もそんなひとつ。壁に「バナナジュース 600円」の貼り紙があっても、なぜかうるさくないのです。マスターの姿勢にどこか、きちんと背筋をのばしている気配が感じ取れるためかもしれません。

お客さまは年配の男性がほとんどですが、みな静かに持参の文庫本を読んだり、新聞をひろげたりと、お店との呼吸がぴったり合っている感じ。

私は窓辺のソファに座って、珈琲(420円)とトースト(320円)をいただきました。昔ながらの喫茶店の味。朝10時まではこの2品がモーニングセットとしていただけるようです。

BGMは中庭で一匹だけ鳴いている最後の蝉の声と、ホームからのかすかなアナウンス。窓辺のソファから見上げる空は高さを増していて、暑くても、もはや夏ではないことが感じられました。

ちょうど福田首相の辞任が発表された翌朝で、マスターと常連客がこの騒ぎについてカウンターごしに会話を交わしていましたが、マスターの口調はゆったりとして快いトーン。内装に山小屋ふうの面影はなくなっても、お店の主の姿勢が変わらないかぎり、穂高で過ごす静かな午前の時間の魅力は変わらないのでしょう。

喫茶 穂高 (きっさ・ほたか)
京都千代田区神田駿河台4-5-3
【TEL】 03-3292-9654
【OPEN】 8:00~21:00、土8:00~19:00 【CLOSE】 日祝
【MAP】 Yahoo!地図情報

※東京カフェマニア上で内田まきさんが連載してくださった珈琲入門講座「Sweet Coffee」の中に、とても素敵な穂高についてのコラムがあります。

※さらなる東京のカフェ情報は、電車の沿線別にまとめた東京カフェ案内をご覧ください。

|

« マナ・フーズ&ダブル・レインボウ | トップページ | 美女のふくらはぎ »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

コメント

どこかの高原にいるような、清々しくて、静寂を感じる場ですね!
時間が止まったようでした。
足を運んでみたいと思います。ありがとうございます。

投稿: KAYO | 2008年9月 4日 (木) 07時53分

このときの店内の平均年齢は60歳くらいでした。
ほぼ満席だったのですが、いたずらに長居をする人もいなければ、せかせかと急いでいる人もいないという、穏やかで気持ちの良い時間が流れていましたよ。

投稿: 川口葉子 | 2008年9月 5日 (金) 00時42分

御茶ノ水の穂高!本当に老舗の喫茶店ですよね。
この、砂糖壺がまたいいなぁ。昭和40年代ぐらいの匂いがします。
神田や御茶ノ水も、また喫茶天国なエリアですね。
「パソコン」より「本」が似合う喫茶店が
いっぱいあるような気がします。cafe

投稿: erizo | 2008年9月 5日 (金) 08時57分

神田、御茶ノ水界隈の雰囲気がとても好きです。
おっしゃる通りの喫茶天国ですし、JR御茶ノ水駅につづく緑いっぱいの土手、川、橋の風景が心やすらぐんですよね。
川の水はにごりっぱなしですが、電車に乗っていると、御茶ノ水駅のホームに到着してドアが開いたとたんに、セミの声がいっせいに車内に聞こえてきますよね。そのたびに、いいなあと思います。

投稿: 川口葉子 | 2008年9月 6日 (土) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/42372155

この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶穂高(きっさ・ほたか)@御茶ノ水:

« マナ・フーズ&ダブル・レインボウ | トップページ | 美女のふくらはぎ »