« Cafe de Ari(カフェ・デ・アリ)…御茶ノ水 | トップページ | 音楽による浄化、微かな光、『トウキョウソナタ』 »

2008年9月29日 (月)

MOLESKINE シティーノートブック東京

080928_0001_2

200年の歴史を持つフランス製の手帳、MOLESKIN。ブルース・チャトウインやヘミングウェイ、ゴッホなどがこの手帳を愛用していたそうですが、その手帳に「シティーノートブック」なるシリーズが加わりました。

「世界にひとつ、自分だけのシティマップを創ろう」

…というテーマに基づいた、地図+路線図+白無地ノートのシリーズ。「旅の計画を立てるとき、そして旅の思い出と足跡を残しておくのに理想的な1冊」として、パリ版、ロンドン版、ベルリン版、サンフランシスコ版など数十都市に加えて、このたび東京版が登場しました。

この手帳を実際にさまざまな職業の人に使ってもらって、その“作品”を展示するエキシビションが予定されています。MOLESKINの総輸入元のかたが「東京を楽しんでいる川口さんに」と1冊プレゼントしてくださって、私も参加させていただくことに。

この手帳のすぐれている点のひとつは、巻末にトレーシングペーパーがついているところ。これを地図の上に貼り付けて、目的地や道順などを大胆に書き込めるようになっているのです。とうぶん持ち歩いて、書いたり貼ったり挟んだりちぎったりして楽しもうと思います。

|

« Cafe de Ari(カフェ・デ・アリ)…御茶ノ水 | トップページ | 音楽による浄化、微かな光、『トウキョウソナタ』 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

わ♪これ素敵ですね!
まだ買っていないのに、もう使っている所をイメージしちゃいました。

投稿: KAYO | 2008年9月29日 (月) 08時05分

きっと川口さんのマップには、いろいろな街のカフェが書き込まれているのでしょうね。パリ版・・・使ってみたい(というか行ってみたい!airplane
もうそろそろ来年のダイアリーが並ぶ季節になりましたね・・・また、「喪中印刷早期割引実施」のポスターに年末の到来をヒシヒシと感じています。think

川口さんは、マップはMOLESKIN、ダイアリーは「ほぼ日」でしょうか?(笑)

投稿: erizo | 2008年9月29日 (月) 08時58分

MOLESKINEのクラシックでクールな黒い手帳は、きっとどなたも一度は書店や文房具店で目にしたことがあるのではないでしょうか。黒いゴムで留められるのが便利ですよね。

erizoさん、ご名答! スケジュール&ダイアリーは2009年も「ほぼ日手帳」です。それにしても、本当に、もうそんな話題がちらほら出てくる時期になったのですね。1年が200日くらいしかないように感じます。

投稿: 川口葉子 | 2008年9月30日 (火) 01時04分

店頭発売に先駆け、、MOLESKINE NEWSメンバーに限定販売がスタートしたようですよ。
http://www.moleskine.co.jp/cn-japan

早速、東京と京都、両方買っちゃいました!

投稿: origo | 2008年10月 4日 (土) 11時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/42628308

この記事へのトラックバック一覧です: MOLESKINE シティーノートブック東京:

« Cafe de Ari(カフェ・デ・アリ)…御茶ノ水 | トップページ | 音楽による浄化、微かな光、『トウキョウソナタ』 »