« ハレアカラ山頂で、凍えながら見た朝日 | トップページ | マウイのあちこちで流行していたもの »

2008年8月29日 (金)

ANTHONY's COFFEE Co.(Paia)

Paia

パイアはマウイ島北部の海岸に位置する小さな気持ちのよい田舎町です。晴れ上がった空の、どこまでも抜けがいいこと! “町”の全容といったら、こじんまりした店々がメインストリートのT字路に沿って並んでいるだけですが、ごく小さな世界なのに、カフェ、コーヒーと名のつくお店が3軒もあります。サーファーたちが愛用しているのでしょうか。

軽い昼食をとったのはその中の1軒、アンソニーズ・コーヒー。朝の6時から午後1時半までブレックファスト・メニューがあるので、その中から選択しました。ブレックファストはおおよそ以下のような品揃え。

ベルギーワッフル、またはハワイアンスウィートブレッドのフレンチトースト …9.95ドル
 (フルーツとホイップクリーム付きで10.95ドル)

エッグベネディクト、野菜のベネディクト、カルアポーク・ベネディクト …各11.05ドル

ベーグルのセット …10.95

オムレツ各種 …11.95 (トースト or ライス、ポテト or ハッシュブラウンパテ付き)
 * HOOKIPA オムレツ:ハム、玉ネギ、胡椒、チェダーチーズ
 * パイア・ベジー・オムレツ;ほうれんそう、マッシュルーム、トマト、フェタチーズ
 * FAST EDDIE's オムレツ:ベーコン、アボカド、スイスチーズ
 * 自分で選ぶオムレツ:ベーコン、ボルトガルソーセージ、ハム、カルアポーク、ターキー、チーズ各種、トマト、ほうれん草、アボカド、マッシュルーム、チーズなどを自由に

ロコモコ・ブレックファスト …11.95

ハワイの島々の物価は、日本からの旅行者にとっても、メインランドからの旅行者にとっても、いささかお高く感じられるもののようです。(B&Bに置いてあったアメリカ人向けの笑える旅行ガイドを読んだら、ハワイの欠点はばかみたいに宿泊費と物価が高いことだと書いてありました)

Anthony2

ふわふわのハワイアンスウィートブレッドのフレンチトーストやエッグベネディクトにも惹かれたのですが (むかしホノルルのシェラトン・モアナ・サーフライダーで食べることのできたコロニアル・スタイルのエッグベネディクトは、繊細なシャンパンソースがかかっていて素晴らしいものでした。今では見る影もありませんが)、結局、夫と私はロコモコ、両親はそれぞれ具を自分で選んでオムレツを焼いてもらいました。

店内入ってすぐのショーケースにはローストしたコーヒー豆各種が並んでいます。ここマウイ島でもコーヒーが栽培されているのです。豆の銘柄は、100%マウイコーヒー、100%カウアイコーヒー、パイア・ブレンド、アンソニーズ・ブレンドなど。

お店の入り口からはカウンター席しか見えませんが、注文カウンターの奥にはテーブル席があって、4人でテーブルを囲むことができました。壁の棚にはカラフルなマグカップのコレクションや、海をモティーフにした白い食器が 目白押し。いかにも海辺のコーヒー店らしい内装です。

Anthony

私たちが前日にラハイナで食べたロコモコと比べて品評していると、厨房からたいへん健康的にふくよかなロコらし女性シェフが出てきて、どう、おいしい? どこから来たの? マウイはいいでしょう!と話しかけてきました。彼女によれば「ホノルルなんてコンクリート・ジャングルで、とても住めたものじゃないわよね!」とのこと。この旅で出会ったマウイの人々はみな、心からマウイへの愛を語っていました。

|

« ハレアカラ山頂で、凍えながら見た朝日 | トップページ | マウイのあちこちで流行していたもの »

21 ハワイのカフェ」カテゴリの記事

コメント

ホノルルはコンクリート・ジャングルですか・・・私の中では「観光客相手の濃度の高さ」で微妙に「日本でいえば熱海」な感じがしました。
旅行中はお財布がゆるむもの・・・といえど、1000円を超える朝食は、贅沢。と考えると、550円程度で“モーニングセット”がいただける日本は、実はコスパの良い国なのでしょうか?
でも、やっぱり焼きたてのオムレツの誘惑には勝てませんね。bread

投稿: erizo | 2008年8月30日 (土) 01時05分

ワイキキ=熱海説にはうなづける点がたくさんあります。カンヌ映画祭に行った映画人たちは、よくカンヌ=熱海説を唱えているようですが。どちらも人工的な楽園というところでしょうか。

アンソニーズ・コーヒーは地元の人々のためのカフェなので、朝食がみな1000円以上というのは、日常食としてはいささかお高いのでは、と思いましたが、しっかりとにぎわっていました。
シナモンロールやバナナケーキもおいしそうだったのですが、アメリカンサイズのロコモコのあとでは、さすがに追加注文する気になれず…次回の課題です(笑)

投稿: 川口葉子 | 2008年8月30日 (土) 01時27分

関係ない所に書きますが!

僕は小豆島の人間なのですが、もっと小豆島にきてほしいです。(*^_^*)ニョホッ

投稿: ヤマツ | 2008年8月30日 (土) 09時28分

ええと、私の新刊には小豆島のカフェもご紹介しておりますが、ご覧いただけましたでしょうか (*^_^*)ニョホッ
醤油とオリーブの香りのする、美しい島ですね。小豆島にまた素敵なカフェができたら、ぜひ教えてくださいね。

投稿: 川口葉子 | 2008年8月30日 (土) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/42313770

この記事へのトラックバック一覧です: ANTHONY's COFFEE Co.(Paia):

« ハレアカラ山頂で、凍えながら見た朝日 | トップページ | マウイのあちこちで流行していたもの »