« エミリー・ウングワレー、魂の質量 | トップページ | 人はなぜ結婚するのか »

2008年7月 7日 (月)

日本初のラテアート選手権

Latteart

7月5日、青山のBLENZコーヒーを舞台に、日本で初めてのラテアート選手権が開催されました。審査を担当したのは、2007年ラテアート北米チャンピオン、レイラ・オズバーグ(カナダ)さん、音楽評論家の湯川れい子さん他4名。

優勝候補と目されていた男性が日ごろの腕の80%程度しか発揮できなかったらしく、優勝したのはダブルトールカフェ渋谷店の吉本明日香さん。吉本さんは今年の9月にカナダでおこなわれる世界大会に日本代表として招聘されることになりました。

※当日の様子はAll About[カフェ]のこちらのページで詳しくお伝えしています。

|

« エミリー・ウングワレー、魂の質量 | トップページ | 人はなぜ結婚するのか »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/41758855

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初のラテアート選手権:

« エミリー・ウングワレー、魂の質量 | トップページ | 人はなぜ結婚するのか »