« 骨董カフェにて | トップページ | ギャルリ百草@多治見 »

2008年5月 7日 (水)

骨董カフェにて(2) バタアシ金魚

その骨董カフェでのこと。私の取材時間が終わるころに、店内に金髪の欧米人女性がひょっこり入ってきました。Japan Timesの裏面にコラムを書いているそうで、「おもしろいストリートの特集をします。このお店をのせてもいいですか?」と、なかなか達者な日本語で申し込みました。

店主は彼女が着ていたグリーンの「バタアシ金魚」のTシャツに目をとめました。金魚が好きで、緑色が好きだから、ユニクロで見たときに衝動買いしたと彼女は言います。えーと、金魚といってもそれは…と思っておりましたら、店主がひとこと。

「ぼく、高校のときその漫画の主人公に似てるって言われてたんだよね」

心の中で大笑いしてしまいました。彼女と店主の間で交わされる寸断スタイルの一問一答を聞きながら、なにしろ花井薫くんにインタビューするのであれば、すんなり一筋縄ではいきませんよねと、数分前まで同じような一問一答をしていた同業者として陰ながら彼女を応援しつつ。

彼女が「また来ます」と言い残してお店を出ていったあと、詳しく訊ねてみたら、店主は高校生のとき、先生に職員室に呼ばれて、バタアシ金魚を知っていますかと聞かれたのだそうです。先生いわく「女生徒が、この漫画の主人公が○○君にそっくりだから読んだ方がいい、と勧めてくれたのよね」

良いセンスの生徒がいたものです。

|

« 骨董カフェにて | トップページ | ギャルリ百草@多治見 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/41119748

この記事へのトラックバック一覧です: 骨董カフェにて(2) バタアシ金魚:

« 骨董カフェにて | トップページ | ギャルリ百草@多治見 »