« インスタントコーヒー18種類の飲み比べ | トップページ | LUBERO(ルベロ)…目黒/漁師違い »

2008年2月 4日 (月)

濃く鮮やかな一日

Yukidaruma

大雪の翌朝のみごとな青空の下、有機物も無機物もみな、なんという色の濃さ、鮮明さ。朝の散歩に出てきた犬の背中も、日射しを浴びて濃くぴかぴかに光っています。きっと私自身も、冴えた大気を呼吸して歩く有機物の一員として、いつもより濃い色をしていたのでしょう。

左手が24時間しびれたままなので、信頼のおける先生を紹介していただいて治療に。初めての街にバスで向かったので、予約した時間より40分も早くついてしまいました。いつもならカフェを探すところですが、住宅街の風景が面白く、小路に入っていって雪だるま探しをして楽しみました。

道路の日陰側に雪だるまが2つ。日なた側にはほころんだ白梅の花。溶けた雪のしずくが、柔らかな花びらの上にもつぼみの下にも、午前の光を受けて輝いていました。

|

« インスタントコーヒー18種類の飲み比べ | トップページ | LUBERO(ルベロ)…目黒/漁師違い »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

雪だるま可愛いですね!なんだか「碧い目」に見えるのですが、石なんでしょうか?
うちの近所でも、久しぶりに雪だるまと「かまくらもどき」を見かけました。東京の子供たち(大人も?)のためにも、たまにどさっと降ってほしいものです。
子供には雪遊び、大人には雪見酒の楽しみを・・・。ストップ地球温暖化!(笑)

投稿: erizo | 2008年2月 4日 (月) 23時54分

この雪だるまの目はきっと「サファイヤ」ですね。
子供の頃に読んだオスカー・ワイルドの小説を思い出して、しばし郷愁にひたりましたの。

つばめさん
苦労と悲しみの中にある私に、その石を一個くださいな。
既に予約があるなら、大吟醸でもOKです。

投稿: FURRY | 2008年2月 5日 (火) 11時32分

なんでしょうか、このお酒方面にばかり向かうコメントの流れは(笑) かまくらで雪見酒は私の憧れ。まだ一度も体験したことがありません。

お二人のおかげで、素敵な酔っぱらいの方々には、雪だるまの石の目が碧いサファイアに見えるのだという事実を知りました。ええ、もちろん私にも、サファイアに見えますとも。
しかし、幸福の王子が、スカートの下に大吟醸を隠し持っているかどうかは疑問ですね。

投稿: 川口葉子 | 2008年2月 5日 (火) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/17956813

この記事へのトラックバック一覧です: 濃く鮮やかな一日:

« インスタントコーヒー18種類の飲み比べ | トップページ | LUBERO(ルベロ)…目黒/漁師違い »