« ○○より恥ずかしいもの | トップページ | リバーシブル »

2008年2月21日 (木)

屋上喫茶階:本のジャケット見本

Photo 朝いちばんに郵便屋さんが新しい本のジャケット見本を届けてくれました。まだデザインが決定したわけではないけれど、実際にこうして手で触れることができるようになると、いよいよ本ができあがってくるという小さな興奮があります。

水色の表紙の本がつくりたいと思っていました。それも春の空のような、眠たげな水色をした本が。

3月下旬に発売(祈願)の1冊、『屋上喫茶階』のアートディレクションとデザインを手がけてくださっているのは伊藤修一さん。マカシラ・ハログナでおこなわれた「喫茶展」を訪れたときに、彼が創るマッチアートにひとめぼれしたのが依頼のきっかけでした。

しばしば、書き手の「この文章はここで改行しなければ台なしになってしまう」などという信念と、デザイナーの「このページにはこの枠内にこれくらいの文章量が入ると美しい」という信念はぶつかりあうもの。
ご自身のセンスと私のわがままな要求とが折り合う着地点を辛抱づよく探りながら、長期間にわたる作業におつきあいくださっている伊藤さん。本文の中から「屋上者よ、それぞれの空を見上げよ。」という言葉をピックアップして、帯にぽんと置いてくださったのも彼でした。

|

« ○○より恥ずかしいもの | トップページ | リバーシブル »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/40204786

この記事へのトラックバック一覧です: 屋上喫茶階:本のジャケット見本:

« ○○より恥ずかしいもの | トップページ | リバーシブル »