« 濃く鮮やかな一日 | トップページ | 肘部管症候群 »

2008年2月 7日 (木)

LUBERO(ルベロ)…目黒/漁師違い

Lubero 本日、AllAbout[カフェ]で詳しくご紹介した目黒のLUBERO(ルベロ)

東京都品川区上大崎3-5-18
【TEL】 03-5421-5518

AllAboutのご担当者が「きれいな写真を活かせるよう、『ギャラリー』というスタイルのページ構成にしてはいかがですか?」とご提案くださったので、新しいフォーマットで記事を作成してみました。ご感想などメールでお知らせいただけましたら幸いです。

LUBEROの取材時にはカメラのシャッターを押しながらオーナーのお話をうかがっていたので、目と耳と記憶力を総動員。
その結果、後日原稿を書く段になって、エントランスのシャンデリアについての記述をまちがえてしまいました。

「マヨルカ島の漁師の家で使われていた、1920年代のシャンデリア」……記憶を掘り起こしてそう書いたのですが、正しくは、「コルシカ島の領主の家で使われていた、1920年代のシャンデリア」。

情けないやらおかしいやら。オーナーのお話をうかがうときは、撮影しながらではなくて、ちゃんとメモを取りながらでなければいけない!と自分に言い聞かせました。

夕方18:30からは、400円前後でタパス各種が揃っているほか、バカラオなどの南欧料理、あたたかなポトフも楽しめます。でも、カフェですから、その時間帯にひとりで訪れて、カプチーノ1杯だけ、というのも違和感がありません。ひとりで過ごすなら、2階席をおすすめします。

※ルベロの冬のおすすめ、チョコラータについてはこちらをどうぞ。

|

« 濃く鮮やかな一日 | トップページ | 肘部管症候群 »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

コメント

新しいフォーマットも素敵ですね。そう、私もいつもサマンサさんのお撮りになる写真は素敵だなぁと思っておりました。カフェを愛するが故でしょうか。

写真のシャンデリアはコルシカ島で使われていたものだったのですね。
記事を読ませて頂いてはそのカフェを訪ねる身には、シャンデリアを眺める楽しみを2倍にしてくれる素敵なふたつの島の名前になりました。
暖かいショコラータは領主館で楽しむより、寒い海から戻った漁師に素敵な飲み物かもしれませんしね。また一段と寒くなるらしいこの週末に飲みに伺いたいところです。

投稿: Miu | 2008年2月 8日 (金) 11時30分

ありがとうございます。
初めてのカフェに入るとき、店内に置かれているものについての小さなエピソードを知っていると、それだけでちょっと親近感が湧くものですよね。もしルベロにいらしたら、エントランスの上のシャンデリアを見上げて心の中で微笑してくださいね。
明日はみぞれの予報も出ていますが、良い休日になりますように。

投稿: 川口葉子 | 2008年2月 8日 (金) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/40029439

この記事へのトラックバック一覧です: LUBERO(ルベロ)…目黒/漁師違い:

« 濃く鮮やかな一日 | トップページ | 肘部管症候群 »