« ブセナテラスの新年、夢の反省月間 | トップページ | 木を見て森を見るな »

2008年1月10日 (木)

今ごろ明けました

「お正月の休み明け」が、私の場合は今日でした。まともな世界の方々は、とっくにひとまわり先を走っていらっしゃいました。ごめんなさーい。
1周遅れで歩き始めましたが、まだ歩調が世間の勤勉さと合っていないようです。これが自分本来の快適な歩調のような気がしたりするのは、まだボケているのか、それとも真実に気づいてしまったのか。

4日からは私の実家、日立に行き、またもやまったりと過ごしていました。両親と夫と4人で映画を観に出かけたり、母がどこからか「脳の老化防止には麻雀がよろしい」と聞き込んできたらしく、20年ぶりだという麻雀につきあわされたり。

夫と私は麻雀のルールがわかっていないので、父が運転する車の後部座席で入門書を1冊ななめ読みして、あとはすぐにOJT。最終的な勝負は夫が、たっぷりドラがのった父の役満にふりこむという悲劇を2回繰り返して大敗しました。ふりこみ王子、と呼ばれたのは言うまでもありません。

しかし、夫に「4位のひとの賞品はこれ」と父からプレゼントされたのは、稀少なシングルモルトの17年熟成もの。東京に戻ってきて、ふたりで乾杯してちびちびといただいたのですが、たった1日でずいぶん減ってしまったのは、きっと夜中に妖精さんたちが100人くらい集まってきて新年会をしたせいなのでしょう。

|

« ブセナテラスの新年、夢の反省月間 | トップページ | 木を見て森を見るな »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

私の師匠で、今年75歳になる会社役員のかたから「お酒が嫌いになる薬はありまませんか?」という年賀状をいただきました。
真実に気付きつつも、とりあえず流れにまかせてしまうのもまた心地よいものかと思った次第でございました。

妖精のくだりで素敵なギャグを思いつきましたが、本人の意識外でオヤジ化が激しいらしく、不本意なご指摘をいただくのを避けるために割愛させていただきます。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: FURRY | 2008年1月10日 (木) 12時44分

FURRYさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

75歳のかたがそのような発言をされるのは素晴らしいですね。「お酒が嫌いになる薬」といったら、お酒以外にはないでしょう。なにしろ、お酒は百薬の長ですもの。
この薬をたっぷり投与すると、翌日はかなりお酒が嫌いになれると思います。

妖精にまつわる素敵なギャグが闇に葬られてしまったのが、なんとも悔しゅうございます。

投稿: 川口葉子 | 2008年1月10日 (木) 17時32分

2年前、偶然CSの麻雀番組を見てから、麻雀にハマってます。
麻雀、面白いですよね。
素人でもプロに勝つことができるのは、麻雀くらいじゃないでしょうか。

投稿: marimari | 2008年1月12日 (土) 09時07分

人は、意外なきっかけで、意外なことに熱中するようになるのですねー。
素人でも、神さえ牌に降りてくれば、プロに勝てるのでしょうか。
センスのない私の場合は、神じゃなくてカモが降りてきて、いいカモになってしまいそうです(笑)

投稿: 川口葉子 | 2008年1月12日 (土) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/17637155

この記事へのトラックバック一覧です: 今ごろ明けました:

« ブセナテラスの新年、夢の反省月間 | トップページ | 木を見て森を見るな »