« 渋谷サウンドスケープ | トップページ | メタモルフォーシスの日々 »

2007年12月14日 (金)

ラベンダー色の人々

Sun_2太陽光線がクリアで力強い。
空気の美しい一日。

気がつくと周囲になぜか「藤」のつく人が増えていました。藤井さんが二人、藤原さんが二人、藤田さんも二人いらして、なんだか視界が淡いラベンダー色に染まっています。

とどめは、雑誌の取材でおうかがいした下北沢の優秀カフェ。兄弟3人でお店を経営しています、と差し出された3枚のセンスの良い名刺は、揃いも揃って「藤枝」さん!

藤枝さんはなにげなく素敵なことを話してくださるかたで、カフェがどんなに忙しいときでも、コーヒーをドリップする時間だけは、コーヒーが1滴、また1滴とドリッパーから滴るリズムに自分の心を合わせて、静かにその世界に集中するのだとおっしゃっていました。

下北沢のモルディブで長く働いていらした藤枝さん。つい先日、カフェのオープン1周年を迎えたそうで、お店にはモルディブから御祝いの花が飾られていました。後日、AllAbout[カフェ]でも詳しくお伝えします。

|

« 渋谷サウンドスケープ | トップページ | メタモルフォーシスの日々 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/17367132

この記事へのトラックバック一覧です: ラベンダー色の人々:

« 渋谷サウンドスケープ | トップページ | メタモルフォーシスの日々 »