« メタモルフォーシスの日々 | トップページ | クリスマスの光 »

2007年12月21日 (金)

炊飯器タルトタタン

Cake1

箱いっぱいに送られてきたリンゴが少しぼけ始めたので、つねづね興味を抱いていた「炊飯器でお菓子作り」に初挑戦してみました。失敗要因の少ないタルトタタン。

作ってみたら、想像以上の簡単さ! 小麦粉をふるうことさえしませんでした。最初にリンゴ2個をスライスして、グラニュー糖、バターといっしょに炊飯器に放り込んで炊きます。それから、小麦粉、卵、ベーキングパウダー、バター、牛乳を適当に混ぜた生地をその炊飯器に放り込んでもう1度炊いたら、できあがってしまいました。

原稿を書きながら作るには最高のスイーツです。お鍋につきっきりで林檎を混ぜながら煮るというわけにはいかないので。各素材の分量も「だいたいこんな感じ?」で済ませてしまいましたが、それでもなんとかなってしまうのが炊飯器スイーツの嬉しいところ。次回はもう少し炊飯時間を長くして、リンゴを飴色にしようと思います。

Cake3

|

« メタモルフォーシスの日々 | トップページ | クリスマスの光 »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/17438841

この記事へのトラックバック一覧です: 炊飯器タルトタタン:

« メタモルフォーシスの日々 | トップページ | クリスマスの光 »