« 三木聡監督の映画ではいつも不気味な珈琲が淹れられている | トップページ | 渋谷サウンドスケープ »

2007年12月 7日 (金)

Margo BAR(マーゴ・バー)…羽田空港

HanedaMargo BAR
(マーゴバー)

東京都大田区羽田空港3-4-2 東京国際空港第2旅客ターミナルビル B1F
【Tel】 03-6428-8568
【Open】 7:00~22:30(LO)
【Web】 Margo BAR


第2ターミナルのMargo BARは朝からモエ・エ・シャンド(シャンパン)がグラスで飲めるありがたい場所。(\1200) メニューにはカプチーノやスイーツもあり、朝から晩までカフェとしてもバーとしても使えます。

このバーでの私の一番早いモエ記録は午前10時。夫と沖縄旅行に出発する前に、二人とも前日にほぼ徹夜をして仕事と雑用を片づけたことを慰労して、ここで乾杯しましたっけ。

「旅行前には雑事がたてこむ」、これが私たちの旅行のありがたくない法則になってしまいました。よれよれになった心身に、冷えたシャンパンは爽快な刺激と目覚めをもたらしてくれます。短い覚醒時間のあと、機内に乗り込む頃には良い塩梅に眠りが訪れるのです。

本日午後の第1旅客ターミナルの吹き抜けには大きなクリスマスツリーが飾られ、子どもたちも恋人たちも出張サラリーマンも、ツリーの前に立って記念撮影をしていました。

Margo
(携帯電話のカメラで撮影)

このところ、屋上の本の「ほんとうのしめきり」と、雑誌の年末進行が重なり、いつ寝ていつ起きているのかわからない日々が続いています。

だんだん頭が朦朧としてきましたが、本に入れる予定の羽田空港の写真にもっとヴァリエーションが欲しいと思い、ゆらゆらとした頭で羽田空港の屋上にのぼってきました。ノーメイクで普段着の私が滑走路に向かって朦朧とカメラを構えている姿は、ファナティックな航空マニアに見えたかもしれません。

それでも撮影後、Margo BARでモエを一杯飲むのは忘れませんでした。周囲を慌ただしく通り過ぎていく「旅客」の皆さまを眺めながら茫然とする時間。ときおり、かたわらの自動ピアノが思い出したようにクリスマスソングを弾き始めます。

屋上の展望デッキには、私と同じように「旅客外」な人々の姿もちらほら。第1ターミナルの屋上にはささやかな遊園地があり、JALのジャンボジェットを象ったすべり台の上を、ほんものの日航機が奇妙に遠い轟音とともに上昇していきました。

Haneda_06

|

« 三木聡監督の映画ではいつも不気味な珈琲が淹れられている | トップページ | 渋谷サウンドスケープ »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/17295398

この記事へのトラックバック一覧です: Margo BAR(マーゴ・バー)…羽田空港:

« 三木聡監督の映画ではいつも不気味な珈琲が淹れられている | トップページ | 渋谷サウンドスケープ »