« YS法ダイエットの極意 | トップページ | 沖縄サンダル"eyefinger" »

2007年11月30日 (金)

新宿「BERG(ベルク)」の危機

新宿駅に直結する小さなカフェ「BERG」(ベルク)は、駅地下通路の雑踏の中でひと息いれることのできる貴重な憩いの場所。17年間つづいてきたこのカフェにお世話になった記憶のある方も少なくないでしょう。そのBERGが、強制的な退店の危機に直面しているようです。

このカフェの存在を教えてくれたのは友人。以来、落語を聞きに行く前にでBERGで待ち合わせをしておいしく腹ごしらえをしたり、夏の夕方、帰宅の電車に乗る前に冷たいビールを1杯とホットドッグを楽しんだりと、私自身も便利に使わせていただいておりました。

それは本当に気取らない、ささやかな、しかし決してあなどれない、明るい活気に満ちた空間。カウンターから出されるものは、いずれも安価ながら非常にしっかりしたクオリティを持っていたのです。そこにはなにかしら、お店の心意気のようなものが感じ取れました。以前、BERGの店長さんからご連絡をいただいて東京カフェマニア上でスタッフ募集情報を掲載したこともあり、親近感を抱いているカフェのひとつでもあったのです。

そのBERGがファッションビルの家主から退去を迫られていることを、先日スタッフからいただいたメールで知りました。詳細はBERGのホームページの「ベルクをご利用のお客様へ」と題したページに、6ページにわたって報告されています。mixiのBERGのコミュニティでも話題になりはじめているようですね。

企業から見れば吹けば飛ぶような1軒の小さなお店と、巨大な力を持つビルの家主との理不尽なやりとり。その経緯について、私自身は事実を確認することができませんので、残念ながら上記ホームページで綴られている内容について真偽や是非を語ることはできません。

けれども、長いあいだ街の人々に親しまれてきたBERGには、良質なカフェのスピリットが宿っています。その場所を大切に思い、存続を願う者のひとりとして、ここに書かせていただきました。

|

« YS法ダイエットの極意 | トップページ | 沖縄サンダル"eyefinger" »

10 その他の東京のカフェ」カテゴリの記事

コメント

川口葉子様、はじめまして。
私の拙い記事にトラックバックいただきましてありがとうございました。
早速、こちらにお邪魔しましたが、東京のカフェめぐりは私も大変好きで、素敵なカフェを見つけたときはとても嬉しい気持ちで満たされます。
それにしてもこちらの情報量には圧倒されました!これから少しずつ読ませていただき、気になったお店に行ってみたいと思います。
ベルクについてはショックでしたが、あの店長とスタッフのみなさんとベルクドッグが存在する限り、さほど心配はしていなかったりします。
良いお店は末永く愛顧されるものと信じています。

投稿: ダイ | 2007年12月 1日 (土) 00時27分

ダイさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
私は何度も良心的なカフェの<訃報>に接してきましたので、お店のクオリティと、お店が永続きするかどうかの相関関係については、どうしても悲観的に考えてしまうのですけれど、ベルクなら、ダイさんのように前向きに受け止めてくださるお客さまに恵まれて、この難局を乗り切ることができるかもしれませんね。
同じお店のファンとして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 川口葉子 | 2007年12月 2日 (日) 03時41分

川口さま、はじめまして。
ベルクを守るブログを開設しました。
『LOVE! BERG!』
http://ameblo.jp/love-berg

ムーブメントを起こしたい、楽しいを伝えたいがブログの主旨です。
先週の土曜日に開設したばかりで、
まだコメントは少ないのですが、
徐々に広がっていけばいいと思っています。

以下に私が友人へ宛てたメール文を転載させていただきました。
お時間があるときにでもお目通しくださいませ。

****

『ベルク』はチェーン店ではなく、
 全国にただ1軒の小さなお店です。
 メニューのビールも、コーヒーも、ホットドッグも、レバーパテも、
 デザートも、とにかく どれもこれも職人が作った本物の味!
 ファーストフードの大量生産の味覚に慣れている人が食べたなら
 その美味しさに驚かれるでしょう。
 しかも、早い! 新宿駅のそばということもあって、
 時間のない人間には有り難いことです。
 そして安い!
 本物のコーヒーが、なんと1杯 210円です。
 原油価格の高騰を理由に、
 巷では値上げのラッシュだというのに
 『ベルク』は頑張っておられます。ホントにえらい。
 チェーン展開しているお店なら分かるお値段ですが。

 これらの理由で『ベルク』は多くのお客さんに指示され、
 1日の来店者は平均1500人に のぼるときいています。
 ラッシュ時には店の外にまで溢れている様子を
 何度も見かけましたし、
 私も『ベルク』で過ごす美味しい時間と職人の味に
 何度も何度も励まされてきました。
 私は ここへ ひとりで行く孤独な時間が好きだし、
 友だちと賑やかに語り合う場面もお気に入りだし、
 『ベルク』は貴重な時間をくれる場所だと思っています。

 こんなにも愛されている『ベルク』が今、
 大企業の圧力によって、
 現在かなりピンチに陥っている…!
 バブルの時代をご記憶の方ならお分かりでしょうか、
 地上げを仕掛けられているわけです。
 『ベルク』を追い出して、
 ファッションブランドを入れたいという駅ビルの意向でょうが、
 どうせ、新たに入ったお店は大企業が管理しやすい
 「どこにでもあるような店」になるでしょう。

 この頃、どこの駅を降りても、
 駅前のお店の顔って同じようなものが並んでませんか。
 コンビニ、パチンコ、弁当屋、ファーストフード、
 ほとんどが全国チェーンで個性がない。
 使い捨ての店ばかりです。
 これは、儲けが少なければ、さっさと潰して、
 また別のチェーン店を入れればいいや〜という
 安直な考えが見え見えで…、
 しかも、こういうやり方って、
 ものすごーくエコロジーに反する無駄な考えだし、
 そこで何かを育もうという思いやりが欠片もない! 怒り!

 私は今回の『ベルク』で起きている事態は
 社会問題だと思っています。
 大企業による虐めです、これは!!!
 権力の横暴は子どもたちの虐め問題と一致しますが、
 これじゃぁ、虐めを受けている子どもの悲鳴に
 まったく気が付かない大人がいるのも納得です。

 私のお気に入りのお店が無くなるかもしれない、
 だからユウウツで仕方がない、それは もちろんそうですが、
 伝え残すべき食文化の「お手本のようなお店」が、
 大きなクレーンで潰されてしまうような愚劣な行為は
 日本のどこの街でも起こり得る事態だと思いませんか?
 もしかしたら、あなたのお気に入りだったお店が、
 ある時 突如として閉店してしまった背景には、
 こんな「使い捨て」の経営手段によるものかもしれません。

 『ベルク』を応援するブログ『LOVE! BERG!』は
 『ベルク』を愛するお客さんの声で生まれました。
 『ベルク』をご存じの方も、知らない方も、
 東京在住の人も、そうでない人も、
 わたしたちベルクを応援する人間の「声」を
 ぜひ自分たちの問題として知っていただければ幸いです。

『LOVE! BERG!』 http://ameblo.jp/love-berg

投稿: 『LOVE! BERG!』 | 2007年12月11日 (火) 11時17分

こんにちは。お知らせありがとうございます。
お言葉に、私にはない若さと勢いのパワーを感じました!(笑)
お店の方々も心強いことでしょう。
小くて素敵なお店BERGが、これからも長くマイペースの歩みを続けてくれたら本当に嬉しいですね。

投稿: 川口葉子 | 2007年12月11日 (火) 17時54分

えーっ! 若いっすか!
やっぱり????
どっぷりチューネンなんですが、
確かに青さと若さのカオスがあります、私って。

川口さん、コメントありがとうございました。
またここでエネルギーいただきましたっ!
川口さんの応援メッセージも、お待ちしております。フフフフ…。

投稿: 『LOVE! BERG!』 | 2007年12月11日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/17234597

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿「BERG(ベルク)」の危機:

» ベルクを応援します! [LOVE! BERG!]
ベルクのファンだ! ずっと東口改札のそばにいて! というみなさんの熱いメッセー [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火) 10時59分

« YS法ダイエットの極意 | トップページ | 沖縄サンダル"eyefinger" »