« コーヒーの神さまが結ぶ不思議なご縁 | トップページ | コーヒーの神さまが結ぶご縁(2) »

2007年10月17日 (水)

TULLY'S COFFEE(タリーズコーヒー)…銀座

Mitsubachi銀座、紙パルプ会館の屋上に立ち、素手で(!)ミツバチの世話をしているのは、紙パルプ会館取締役の田中淳夫さん。
馴れた手つきでハチの巣のかけらを集めるこのかたが、1年半ほど前まではミツバチに関しては何の知識もない、ただのしろうとだったとはとうてい信じられません。

屋上の本の取材にあたり、NPO「銀座ミツバチプロジェクト」の代表として、田中さんとアグリクエイリトの高安さんに大変親切にご協力をいただきました。

田中さんが持っている木枠にびっしり群がっているのは、在来種の日本ミツバチ。黄色と黒の派手な縞を持つ西洋ミツバチにくらべ、模様は黒っぽくて地味、性格は優しくおとなしいそうですが、ちょっと虫が苦手な私は気絶しそうになりました。写真もこわごわズームで撮影しております。

しかし、ここにもまた人と人、人とミツバチとの、胸を打つストーリーがありました。「ウェグナーに座ろう」のときもそうでしたが、人を楽しませたい、がんばっている人を応援したい、町のために、などという“何かをプレゼントする”気持ちと、自分自身の楽しみとが無理なく合わさった挑戦からは、多くの人の心を動かすものが生まれるようです。

銀座のミツバチがソメイヨシノの花から集めたはちみつを、ティースプーンに半分ほど味見させていただきました。これは1匹のミツバチが一生のあいだに集める蜜の量と同じです。ソメイヨシノのはちみつは、口にふくんだとたんに鼻腔いっぱいに拡散する、強烈に華やかな香りをもっていました。まったく加熱しないからこその鮮烈な香りです。

銀座で採れた貴重なはちみつは、銀座で味わってほしい……そんな想いにこたえたのが、銀座の名店たち。都会で自然との共生を模索する試みに賛同し、季節限定の少量生産ではあるけれど、銀座文明堂、ミクニギンザ、アンリ・シャルパンティエ銀座店などが銀座はちみつを使ったスイーツを商品化してくれました。

そんな中の1軒が、TULLY'S銀座店。タリーズコーヒーの1号店は銀座にあったんですよね。タリーズは2007年6月の1ヶ月間、銀座店限定で、ミツバチプロジェクトのはちみつを使った「銀座ハニーミルクラテ」を販売したそう。素敵じゃありませんか!

ミツバチたちが飛ぶのは半径3~4km。エルメス銀座店の屋上に咲くミカンの花から集めた「エルメスハニー」や、皇居に咲く花々から集めた「ロイヤルハニー」も、銀座産はちみつの中に混じっているのです。来年初夏、再び銀座産はちみつにお目にかかれるのが楽しみです。

※タリーズ1号店は2007年8月に、三越百貨店周辺の再開発のため閉店。有楽町ITOCiA+有楽町マルイの誕生に始まった銀座界隈の再開発ラッシュは、今後もしばらく続くようです。ITOCiAとマルイに相対する一角、名店ももやのあった場所はかろうじて残されていますが、ももやはパチンコ屋さんにとってかわられていました(涙)

TULLY'S COFFEE(タリーズコーヒー)
銀座六丁目昭和通り店
東京都中央区銀座6-14-5
【Map】 Yahoo!地図情報
【Web】 http://www.tullys.co.jp/

|

« コーヒーの神さまが結ぶ不思議なご縁 | トップページ | コーヒーの神さまが結ぶご縁(2) »

04 銀座・丸の内のカフェ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ココログマガジン(メルマガ)から来ました。
私は地元のタリーズをよく利用している、タリーズファンです。
タリーズ銀座店に2度行きました。
去年の11月と今年8月の閉店間際に。
とても小さい場所でしたが、とても素敵なお店でした。
銀座ハニーミルクラテが飲めなかったのと、
8月26日のグランドクローズに足を運べなかったのが
とても悔やまれます・・・。
同じ場所での復活を願ってやみません。

投稿: Azumi | 2007年10月27日 (土) 11時11分

こんにちは。“タリーズ発祥の地”は、お客さまにそんなにも
大切に思ってもらえるなんて幸せなお店ですね。
つい先月、個人の熱意で日本でのオープンの夢を叶えた
逸話で知られる松田社長が退任しましたが、
今後もAzumiさんのようなファンに愛され続けるお店であるといいですね。

投稿: 川口葉子 | 2007年10月28日 (日) 02時08分

こんにちは。コメントありがとうございます。
銀座店。mixiの書き込みを読んで、お客さんにも、フェローさんにも
こんなに沢山愛されていたんだなぁ・・・と思いました。

前社長の松田さんの記事や著書を何度か拝見させていただきました。
私にとって松田さんは尊敬すべき方でもあり、本当に素敵な方だと思います。
今回の退任の話が大変残念でなりません・・・。

今はタリーズファンはまだやめられそうにありません。
お店のフェローさんが何度も元気や温かさを分けてくれました。
フェローさんから元気をもらったお客さんも沢山いると思います。
この温かさだけは、ずっと残っていてほしいです。

投稿: Azumi | 2007年10月30日 (火) 01時06分

mixiでタリーズのコミュニティを見てきました。
熱いファンがたくさんいらっしゃいますね。

ちょうど昨日、仕事で有楽町スターバックスの店長さんに
インタビューをする機会があったのですが、チェーン店であっても、
常連客の方々と家族のように密接な関係を結んでいるのだなと
つくづく思いました。

お店の看板はグローバルなチェーン展開をする企業ですが、
現場で働いているのは、ひとりひとりの人間なんですよね。
看板を眺めるのと、個々の顔を眺めるのとでは
見えてくるものが180度違うのを痛感しました。

タリーズも同じように、体温の伝わるやりとりがあるのでしょうね。
きっと日々、小さなトラブルも絶えないのでしょうけれど。

投稿: 川口葉子 | 2007年10月31日 (水) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/16783831

この記事へのトラックバック一覧です: TULLY'S COFFEE(タリーズコーヒー)…銀座:

« コーヒーの神さまが結ぶ不思議なご縁 | トップページ | コーヒーの神さまが結ぶご縁(2) »