« 雲を見上げて歩く | トップページ | ブルックリンの赤い手帳カバー »

2007年10月23日 (火)

喫茶店のカップ選び問題について

炭火焙煎珈琲.凛(リン)を読まれたKIKIさんから、素敵なメールをいただいたのでご紹介します。

こんにちは。KIKIです。 ずいぶん空気がつめたくなってきましたね。

銀座のカフェ凛、私も先日行ったので嬉しくなりました。 店内に活けられた植物たちが魅力的でしたね。 凛ではカウンター席に座り、一つひとつ種類の違うコーヒーカップを眺めながら、ぼんやりと昔のことを思い出していました。

銀座近辺で友達とあちこちのカフェに行っていた頃、やはり全部違うコーヒーカップのお店があって、希望を言えばそれで出してもらうこともできたのです。友達と「私のイメージでカップを選んでください、って頼んでみよう」などと冗談で言い合ったものでした。

そんなことを思い出しながら、ここでそう言ったらどんなカップが選ばれるかしら、少なくともあの真っ赤なカップはないだろうなあ、あれはもっときりっとした大人の女性に似合いそうだもの… などとつらつらと考えていたら、私にサーブされたコーヒーはあろうことかその真っ赤なカップに入っていました。

もちろん、川口さんがおっしゃったように、単純に端から出していっただけなのでしょう。でも余計なことを考えていたせいで、軽く混乱してしまいました。 なぜこれなの?って。

お店を出てずいぶんたってから気づいたのですが、私はカウンター席でいつものように本を読んでいて、その本に深い赤色の革カバーがかかっていたのでした。もしかしてこれを見てカップを選んでくれたのかも、 などと、「自分用にカップを選んでくれた」幻想から抜けられない私でした。

あとになって、カフェ凛のマスターが「お客さまの着ていらっしゃる服にコーディネートすることもあります」と発言していることを知りました。マスターはKIKIさんが読んでいた本の赤い革カバーにあわせて、わざわざカップを選んでくれたに違いありません。こういうのはやはり驚きと嬉しさがありますね。

新宿に行った折に、久しぶりに「凡」でコーヒーをいただきました。こちらは【1客ずつカップが違う喫茶店】の大御所的存在ですが、二人でカウンター席に腰かけたら、それぞれに別のウェッジウッドのカップが出されました。
マスターに「お客さまに出すカップはどのようにして選ばれるのですか」と質問してみたら、あ、そういう理由もあるのですね、と思う答えが返ってきたのです。そのお話は、凡についてのご紹介とともに後日。

|

« 雲を見上げて歩く | トップページ | ブルックリンの赤い手帳カバー »

99 喫茶と散歩の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/16846238

この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶店のカップ選び問題について:

« 雲を見上げて歩く | トップページ | ブルックリンの赤い手帳カバー »