« 有楽町ITOCiA + 有楽町マルイ | トップページ | ミルクメイドの部屋 »

2007年10月12日 (金)

ウェグナーに座りました

Wegner1

ウェグナーに座ろう」と銘打ったすばらしいイベントが高崎哲学堂でおこなわれています。建物の一角にはとても小さな、でもコーヒーのとびきりおいしいカフェも。ここでは、コーヒー好きの人々の間で、美しいフォルムと抽出するコーヒーのおいしさで大きな話題を呼んでいる「ドーナツ・ドリッパー」の生みの親、中林孝之さんが自らコーヒーを点てているのです。

緑あふれる日本家屋の一室でウェグナーの椅子にゆっくり座るために、そして、中林さんの淹れるコーヒーを飲むために、木曜日の朝、少し早起きをして上野駅から高崎線に乗りました。

高崎哲学堂は建築家、アントニン・レーモンドの麻布の自邸を模して1950年代に建てられた旧・井上房一郎邸。日本各地から集められたハンス・ウェグナーの椅子たちが、この建物にじつにしっくりとなじみ、相乗効果でみごとな空気を醸していました。

高崎で立ち寄ったのは、この哲学堂と、中林さんご推薦のおいしい自家焙煎コーヒー店「tonbi coffee」、そしてゆるやかな時間の流れるカフェ「jam jam」。予定ではほかにもあちこち訪れるつもりだったのですが、この3ヵ所での時間が素敵だったのですっかり満ち足りた気持ちになり、私にしては珍しく早めに東京に戻りました。

上の写真左は中林さん、右はtonbi coffeeのオーナー間庭さん。お二人ともおだやかな口調ながら、コーヒーを語る言葉がこちらの心に迫ってくるのは、背景に深い想いが感じられるから。お話をうかがっているあいだ、不思議なほど幸せな空気に包まれました。

下の写真はjam jam。「ウェグナーに座ろう」の準備ミーティングが、よくここでおこなわれたそう。落ちついた午後を過ごせる、センスの良い場所。雑貨好きの人々にとっても魅惑の空間でしょう。3ヵ所とも後日、AllAbout[カフェ]でくわしくご紹介します。

▼記事はこちら:ウェグナーの椅子とドーナツ・ドリッパー

Jamjam

ウェグナーに座ろう
【期間】 2007年10月6日~2007年10月28日
【会場】 高崎哲学堂
【Web】 http://www.wegner.jp/

tonbi coffee(トンビコーヒー)
群馬県高崎市菅谷町531-10
【TEL】 027-360-6513
【Web】 http://www.tonbi-coffee.com/

jam jam(ジャムジャム)
群馬県高崎市東貝沢町1-14-11
【TEL】 027-395-8045
【Web】 http://jamjamcafe.com/

|

« 有楽町ITOCiA + 有楽町マルイ | トップページ | ミルクメイドの部屋 »

11 神奈川・千葉・茨城・埼玉・群馬のカフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/16740577

この記事へのトラックバック一覧です: ウェグナーに座りました:

« 有楽町ITOCiA + 有楽町マルイ | トップページ | ミルクメイドの部屋 »