« 『spring流おしゃれレシピ130』増刷御礼 | トップページ | メロヴィング王朝 »

2007年10月 6日 (土)

PLATE OF PIE.POP(プレート・オブ・パイ・ポップ)…渋谷

Pie_02

24時間営業! "CLOCK ROUND CAFE"

JR渋谷駅西口から徒歩3分のデザイナーズ・ホテル、渋谷グランベルホテル。カフェ好きの人には「移転したconceal.cafeの向かい」とご説明すればわかりやすかと思いますが、このホテルは目黒のクラスカを総合プロデュースした都市デザインシステムが設計を担当したとあって、ビジネスホテルながら面白いデザインのようです。テーマは20代、30代の感覚を刺激する「ミニマル」「ポップ」「アーティスティック」ですって。

そのグランベルホテルの1階と2階に作られた小さな24時間営業のカフェ&バールがPLATE OF PIE. POP。Pづくしですね。

1階は小さなカウンターがメインの立ち飲みスタイルで、夕方から本領発揮という感じ。おなじみ生ハムがカウンターにずっしりと置かれていましたから、2~3人で連れ立って、タパス(小皿料理)を並べつつワインで乾杯というのが正しい使い方ですね。いっぽう、朝は6時から、ホテル客の朝食も兼ねてモーニングセットがいただけるよう。

さて、私がこの前を通りかかったのは午後2時30分、ランチタイムとカフェタイムの微妙な境いめ。
\800でランチが3種類用意されていましたが、店名にもなっているパイがランチメニューの中になかったので、ミートパイ(600円)とオーガニックグレープフルーツジュース(400円)を注文して2階に上がりました。食事系パイはミートパイのみで、ほかはアップルパイのアイスクリーム添えなどスイーツ系のよう。

Pie_01

温かなミートパイは、パイ生地のサクサクぶりが小気味よい食感。パイを打ち出したカフェといえば、代々木上原のdishが思い浮かびます。中目黒の名店オーガニックカフェが再開発で姿を消した現在、あの雰囲気を味わいたいと思ったら、dishに行くに限ります。

数年前、そのdishがオープンしたときのコピーがたしか「人生を変えるパイ」。(ちょっと記憶があやふやですが) パイの本場イギリスで学んだというdishのシェフが作ったパイは、オーガニックカフェがダブルデッカーなどで驚かせてくれたように、一瞬えっ、と思う見事なボリュームでした。最近は他のメニューもずいぶん充実しているようで、それほどパイをプッシュしてはいないのかもしれませんが、記憶に残る一皿です。

PLATE OF PIE.POPのパイは、タパスの延長というとらえかたなのでしょう、小ぶりでリーズナブルなお値段が魅力。dishの素敵なミートパイは、さしもの私もそれ以外なにも食べられませんでしたが、PLATE OF PIE.POPでは他のお料理もまだまだ胃袋におさめられます。

スタッフの応対はとても親切でしたが、たまたま両隣をスモーカーのお客さまに挟まれてしまい、たちのぼる煙がどこにも逃げていかないので、残念ですが私のほうが逃げることになりました。
それにしても24時間営業。便利なカフェができたものです。

PLATE OF PIE.POP(プレート・オブ・パイ・ポップ)
東京都渋谷区桜丘町15-17 渋谷グランベルホテル1F・2F
【Open】24時間営業
【Web】http://www.dualwave.co.jp/shop/pop/
【Map】Yahoo!地図情報

|

« 『spring流おしゃれレシピ130』増刷御礼 | トップページ | メロヴィング王朝 »

01 渋谷・三軒茶屋のカフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/16672163

この記事へのトラックバック一覧です: PLATE OF PIE.POP(プレート・オブ・パイ・ポップ)…渋谷:

« 『spring流おしゃれレシピ130』増刷御礼 | トップページ | メロヴィング王朝 »