« DEAN&DELUCA(ディーン・デルーカ)…品川 | トップページ | 遠ざかる名月 »

2007年9月22日 (土)

HENRY GOOD SEVEN(ヘンリー・グッド・セブン)…新丸ビル

2

新丸ビルの2軒

新丸ビル7階の角に作られたカフェ「HENRY GOOD SEVEN」は、山本宇一プロデュース、片山正通デザイン。赤白のタイル張りの床、色とりどりのクッション、段差を設けたコーナーの演出、高い天井。ほかでは見られない個性あふれる作り。

本日の私たち2人のメインイベントは、沖縄・那覇にある老舗「うりずん」が新丸ビル5階に出した支店での夕食でした。その前にHENRY GOOD SEVENに立ち寄り、本を読みながら軽く休憩。三連休の午後3時、新丸ビルじたいが案じていたほどは混雑せず快適です。

カフェでいただいたのはグラスワイン(カベルネ・ソーヴィニヨン/850円)、ジントニック(600円)、タラバ蟹のカッペリーニ(1100円・コーヒー付き)、食後にゴルゴンゾーラのチーズケーキ(600円)。ワインの種類が豊富で、ドリンクメニューとは別に簡単なワインリストがあります。

3時にHENRY GOOD SEVENのウォーミングアップで胃をあたためたあと、5時からうりずんで豪飲豪食できる私たち。あいかわらず見事なエンゲル係数です…。

肝心のうりずんのほうは、新丸ビルの中に入ってしまうと、小さな「?」の連続でした。うりずんは安里のあの古い民家の空気の中で、大きな泡盛古酒の甕の横にぎゅうぎゅう詰めになって飲食するからおいしいんですね。お店の若い人たちがみな感じが良かっただけに、ちょっと残念。品切れの多さにもびっくりです。油味噌もニガナも「今日は品切れです」と言われてしまい残念がっていたら、台風続きで沖縄から発送できないんですと、若い衆が本当にすまなそうな顔をして説明してくれました。

それにしても、新丸ビルの設計の重要なコンセプトは「廊下」ですよね。エスカレーターまわりや通路など、通常はただの通り道にすぎないスペースに各飲食店のテーブルと椅子を置いて、店内のようでもあり通路のようでもある状態をつくりだしていて面白いのです。どうしたってベンヤミンのパサージュを想起します。

HENRY GOOD SEVEN(ヘンリー・グッド・セブン)
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング7F
【OPEN】11:00~23:00(LO 22:30)
【Web】http://www.heads-west.com
【Map】Yahoo!地図情報


1

|

« DEAN&DELUCA(ディーン・デルーカ)…品川 | トップページ | 遠ざかる名月 »

04 銀座・丸の内のカフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219376/16581281

この記事へのトラックバック一覧です: HENRY GOOD SEVEN(ヘンリー・グッド・セブン)…新丸ビル:

« DEAN&DELUCA(ディーン・デルーカ)…品川 | トップページ | 遠ざかる名月 »