02 恵比寿・代官山・中目黒のカフェ

2015年1月18日 (日)

素数のようなスコーンとビスコッティ。歩粉のレシピ『朝食おやつ』

Hoco02_2

恵比寿にある小さな素晴らしい焼き菓子のカフェ歩粉

店主の磯谷仁美さんについて、拙著『カフェとうつわの旅』の中で「きつね色の指をもっている人」と書かせていただきましたが(こちらでお読みいただけます)、そう、緑の指をもつ人が世話をすると植物たちが不思議なほどいきいきと育つように、彼女のきつね色の指は、単純きわまりないお菓子をとびきりおいしく焼き上げてしまうのです。

その磯谷仁美さんがレシピを綴った新刊『朝食おやつ』には、私が愛してやまないビスコッティやスコーン各種の作り方をはじめ、グラノーラやコブラー、オートミールの作り方が掲載されています。

Hoco2

歩粉のビスコッティやスコーンは、数字の2のようなもの。いちばん小さな素数。削ぎ落として、ぎりぎりまでシンプルにした結果、浮かび上がってくる滋味。

素数の条件とは、「1と自分自身以外の整数では割り切れないような整数」。

歩粉のぎゅっと粉がつまったビスコッティの割り切れなさ! 二度焼きをしているためカチッと固くて、乾いていて、いま私は買いだめしたいちじくと胡桃のビスコッティを囓っているのですが、風味もスパイスの香りも完璧すぎて舌を巻くしかないのです。大人のビスコッティ。コーヒーに最高。

Hoco3

素数の見分け方は「ためしに割ってみる」ですが、歩粉のほんのり温かいスコーンをためしに割ってみると、美しい簡潔さと、たちのぼる良い香りに心を打たれるのです。

休日に楽しみながら作って、月曜日の朝食にコーヒーとともに食べられたら、一週間を始める小さな勇気も湧いてこようというもの。私の指は残念ながらきつね色ではないのですが、舌が記憶する「正解」に近づけるように、何度も試してみようと思います。

「ポートランドの朝ごはん」と題したページには、2014年春、ポートランド滞在中に磯谷さんが何度も足を運んだカフェの朝食の魅力が綴られていました。

朝食おやつ』 磯谷仁美 (文化出版局)

Hocobook1

歩粉(ほこ)
【住所】東京都渋谷区恵比寿1-35-5
【TEL】03-5449-9400
【OPEN】13:00~20:00、金13:00~21:00
【定休日】水、木

1月22日には歩粉にて、トコロカフェとのコラボレ―ション「hoco to toco」が開かれます。完全予約制につき、たちまち予約で一杯になって受付終了してしまいましたが、キャンセル待ちは可能なようです。

写真は先週金曜日の歩粉の窓辺。

Hocohoco

| | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

ローマの老舗エスプレッソを代官山で。bondolfi boncaffe (TENOHA)

Boncaffe_01


1855年にローマで創業し、150年以上の歴史をもつボンドルフィ社。その日本第1号となるカフェが2014年11月28日、代官山にオープンした複合施設「TENOHA DAIKANYAMA(テノハだいかんやま)」の中に誕生しました。

記憶をさかのぼれば、東京でも十年以上前からボンドルフィ社のコーヒー豆を使っているカフェには何軒か出会っており、デミタスカップや豆袋にあしらわれたロゴマークがチャーミングで印象に残っているのですが(ちょっと鼻血に見えるのは、カップからたちのぼる湯気)、直営店はこれが初。

来日した6代目、エドアルト・ピロリ・ボンドルフィ氏(右)とトンマーゾ・ピロリ・ボンドルフィ氏(左)にお話をうかがいました。


Bon_2


かつて「イータリー」が入居していた商業施設「代官山ラヴェリア」と代官山東急アパートメントの跡地に、5年間限定の実験の場として作られたTENOHA。 新築ではなく、既存の施設をリニューアルすることによって「新しい暮らし方」、「新しい働き方」をテーマにしたレストランやライフスタイルショップ、オフィスなどの複合施設に生まれ変わりました。

ゆえにボンドルフィ・ボンカフェもクラシカルなローマのバールではなく、現代東京のカフェの空気を融合したスタイルでお目見えしています。


Boncaffe_09


壁を彩るアイテムを通して表現されているのは、1960年代のイタリア。ローマオリンピックが開催されたのがちょうど1960年。それはイタリアが経済成長著しく、希望と活気に溢れた古き良き時代だったのだそうです。

ローマのエスプレッソの味は?

イタリア国内でも南北によってエスプレッソの味が違うのはよく知られており、ミラノなど北部の都市は軽めで優しい味わい、ナポリやシチリアのなど南部の都市は濃厚で力強い味わいと言われますが、ローマのエスプレッソの特徴は何でしょう?

「南北のまんなかにあるローマでは、しっかりしたフレーバーを持ちながら、バランスのとれたエスプレッソが飲まれています」

このカフェでも苦みの強すぎない、老若男女に幅広く愛される一杯を提供。代官山で本場の味を楽しんでほしい、とボンドルフィ氏。


Boncaffe_02


ここだけの一杯、カポッチョーネとは?

代官山のボンドルフィ・ボンカフェのために創作されたドリンク「カポッチョーネ」(S 550円)は、チョコレートとエスプレッソを混ぜてミルクを注ぎ入れ、カカオなどをトッピングした看板メニュー。

また、ナッツが甘く香る「カフェノッチオーラ」(S 500円)は、ヘーゼルナッツラテとも言える一杯です。

イタリアンバールといえばエスプレッソもお酒も、が基本。カンパリやアペロール、チンザノなどのリキュールも揃っているので、寒い日や夜にはエスプレッソにちょっと加えるアレンジも楽しめますね。


Boncaffe_03


軽食やお菓子は同施設内にあるレストラン「TENOHA & STYLE RESTAURANT」の厨房で作られます。

パニーニはもちろん、カリッとした薄い生地のローマ風ピッツァ、もちもち生地のナポリピッツァ、そしてナポリ名物の焼き菓子「スフォリアテッラ」、シチリア発祥のペストリー「カンノーロ」などのイタリアの伝統菓子も多数。

「ここに揃っている食べものは、イタリアよりおいしいですよ(笑)」


Boncaffe_04


Bondolfiの歴史

1855年、創業者ピエトロ・ボンドルフィはローマに移住し、香辛料やハーブなどとともにコーヒー豆の輸入販売を手がけました。
本格的にコーヒー豆のローストを開始したのは、コーヒービジネスの拡大の可能性を信じた3代目のエドアルト。セルフサービススタイルのバール経営の先駆者として、その定着にも力を注いだそうです。

4歳の頃からエスプレッソを飲んでいたという6代目のトンマーゾ・ボンドルフィ氏にとって、「エスプレッソは自分の存在の一部。もはや血液のようなもの」だそう。

「私は家族から仕事だけを受け継いだのではありません。コーヒーに対する情熱も受け継ぎました」

カフェに隣接するのはシェアオフィスやオープン型サービスオフィスの集合体「TENOHA LAB」。入居者はカフェのコーヒーを100円で購入できるのだそうです!


Boncaffe_08
TENOHA & STYLE RESTAURANT

bondolfi boncaffe MENU

【CAFFE】
エスプレッソ …250円
カプチーノ …S400円/L600円
カポッチョーネ …S550円/L700円
カフェノッチオーラ …S500円/L650円

エビス生ビール/スプマンテ/グラスワイン/カンパリソーダ …各500円

【パニーニ、ピッツァ】
本日のパニーニ …650円~
ローマ風ピッツァ …600円
ナポリピッツァ …900円~

【ドルチェ】
モンテビアンコ …500円
カンノーロ …430円
スフォリアテッラ …380円

BONDOLFI BONCAFFE(ボンドルフィ・ボンカフェ)
shop data

東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山
TEL  03-3464-3720
OPEN 11:00~23:00
東急東横線「代官山」駅徒歩3分
MAP

Boncaffe_07
TENOHA & STYLE RESTAURANT

| | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

目黒川のほとり、THE WORKSのコーヒーバー「The Workers coffee / bar」

Works1

2014年11月15日にグランドオープンする「THE WORKS」は、築45年になる5階建ての倉庫ビルをレトロな空気感を巧みに残したままリノベーションした複合施設。すぐ目の前は目黒川の桜並木です。

1階はレストラン、コーヒーバー、2階はイベントスペース、3~5階はシェアオフィス、そして東京タワーが見える小さくて素敵な屋上も! 総合プロデュースはTRANSIT ジェネラルオフィスが手がけました。

Works12

1階エントランスに設けられたコーヒーバー「The Workers coffee / bar」は、代々木公園に面した人気店、Little Nap COFFEE STANDがサポート。

オープニングレセプションではLittle Nap COFFEE STANDの濱田大介さんもカウンターに立ち、エスプレッソやコーヒーをふるまって大盛況でした。

Works8

朝8時から開くコーヒーバーは、20席の店内で座って飲むことも、テイクアウトも可能。朝食には「エッグスラット」が登場するそうです。上階のオフィスを借りる幸運な人々は、朝から夜遅くまで活用できますね。

コーヒー豆はLittle Nap COFFEE STAND、スイーツはTOKYO SWEETS FACTORYNotting Hill Cakes & Giftsから。

Works4

MENU

エスプレッソ 380円
カフェラテ 430円
ドリップコーヒー 400円
アメリカーノ 400円
ビール、ワイン、カクテル各種 700円~

[SWEETS]
マフィン350円
ロールケーキ(奥沢ロール)380円

[FOODS]
本日のタルティーヌ 500円
キヌアのタブレ 900円
ハニーベーコンジャーキー 800円 etc.

Works2

コーヒーバーと隣接した48席のレストランは、TRANSIT CREWが手がける「Stall」。11時から15時までがランチタイムです。気軽なランチは1000円から用意されていますが、2500円、6000円のしっかり楽しめるコースも。

Works14
  (この日はレセプション仕様で、本来の家具の配置とは異なります)

Stallはコンセプチュアルレストランとして毎月テーマを設け、11月は「FOREST」、12月は「Fire」をテーマにしたアラカルトや3種のコースを提供する予定。

そのコースとは、シェアスタイルの“ギャザリング”(4000円) 、1皿ずつ提供される“チリング”(5000円)、シェフのその日のおすすめの“テイスティング”(8000円)。きっと旬のわくわく感が盛り込まれているに違いありません。

Works10

写真上はシェアオフィスが並ぶ4階フロアの共有スペース。入居者どうしのコミュニケーションが生まれるこの空間で、何気ない会話からコラボレーションが発想されたりするのでしょう。THE WORKSのエクステリア&インテリアデザインを担当したLINE-INC.も3階に入居しました。

2階フロアはイベントスペース「Stall Baggage」。1階レストランと連動させたオーダーメイドウエディングにも使われるのだそうです。

Works13

そして、いつも私の心をかきたてる屋上。遠くに東京タワーの輝き。

THE WORKS
【住所】東京都目黒区青葉台3-18-3
池尻大橋駅徒歩8分、中目黒駅徒歩13分
東急バス渋谷41渋谷行き「菅刈小学校」バス停徒歩2分

The Workers coffee / bar
【TEL】03-6416-4646
【OPEN】8:00~22:30 L.O

"THINGS GO BETTER AFTER COFFEE"…真実です。

Works3

| | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

Cascina Canamilla(カッシーナ・カナミッラ)@中目黒

中目黒のリストランテ・カッシーナ・カナミッラで夫と夕食。窓辺の席にしていただいたので、天井の高い窓のすぐそばに桜並木の濃い緑が見えて、その上に暮れてゆく空がひろがっていました。4月には最高の桜観賞ディナーができたことでしょう。

Canamilla_01

コースは5000円から。素晴らしいコストパフォーマンスの良さです。私たちは5000円のコースを選び、さらにアラカルトから仔羊料理をもう1品を選んで追加するという変則・大食漢コースを組み立て、快く応じていただきました。

ワインも、「白+赤+スプマンテまたはデザートワイン」をグラスで1杯ずつ、というグラス3杯2000円という気の利いたメニューが用意されています。「最初にスプマンテ、それから白、赤の順で」とお願いして、お料理とともに良い流れで楽しむことができました。プロセッコとはいえ、スプマンテが最初に飲むにはやや甘かったけれど。

夫は前菜のプレートの左下にあるタコと茄子のマリネ(テリーヌ風に見えています)がいたく気に入っていました。スプーンの上にひとくち分盛られているのはゴルゴンゾーラとクルミ。

Canamilla_02

左: 沖ギスラグーのペペロンチーノ、サルデーニャ産カラスミを添えて。(夫が注文。2皿に分けてサーブしてくれました)

右:古代小麦を練り込んだタリアテッレ、自家製サルシッチャ、ペコリーノチーズ添え。(私が注文) サルシッチャは生ソーセージ。このサルシッチャは唐辛子を効かせたピリ辛のおいしさで、トマトの風味やタリアッテレの麺そのものの風味とよく馴染んでいました。

Canamilla_03

こちらは私のメイン。鯛のウロコ焼きバルサミコソース。鯛の焼いた皮の香ばしさ、ウロコのぱりぱりした食感は、私の個人的三大美味のひとつ!

Canamilla_04

こちらは夫のメインで、赤足海老と赤イカのスピエディーノ 。スピエディーノというのは串焼き料理のこと。

Canamilla_05

追加注文した柔らかでジューシーな仔羊のロースト。絶品。ローストしたジャガイモと空豆がまたほくほくとして風味豊かで。

Canamilla_06

ドルチェは濃厚なエスプレッソで作ったゼリーの上に、マスカルポーネのジェラートをのせた一皿。

知人の推薦で足を運んでみたお店ですが、まことに当たりでした。リストランテと名づけられているものの、空間はいたってカジュアルで気取らない感じ。接客もスムーズであたたかく、気のおけない人とおいしい夕食を楽しみたいときにおすすめの1軒です。

リストランテ・カッシーナ・カナミッラ
東京都目黒区青葉台1-23-3 青葉台東和ビル2F
【TEL】 03-3715-4040

| | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

アスパラガスのロールケーキ【ポタジエ】…中目黒

Potager オーガニック野菜のスイーツでおなじみのポタジエのイートインで、アスパラガスのロールケーキをいただきました。テラス席のテーブルでは、40代のビジネスマンが一人で幸せそうにスイーツ休憩中。

正式名称は「ベジロール・ムラサキアスパラガス」。
長野の農家で太陽をいっぱいに浴びて育てられたアスパラガスが使用されており、それはもう、バターソテーしたアスパラガスの味がしっかりと主張するのです。スーパーマーケットに並ぶ味の薄い野菜では、こうはいかないでしょう。

ポタジエのスイーツには「野菜の味が濃厚で、おいしい」ものと、「野菜の味が濃厚で、冒険的…」なものがありますが、これはどちらかといえば後者。

ベジロールの中では、トマトが最も親しみやすいおいしさですね。でも、冒険をやめることなく、どんどん新しい味覚の地平を開拓していただきたいと思っています。

Potager(パティスリーポタジエ)
東京都目黒区上目黒2-44-9
【TEL】 03-6279-7753
【OPEN】 10:00~20:00、無休

| | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

東山ロール@パティスリー1904(ディズ・ヌフ・ソン・キャトル)…中目黒

Higasiyama_rollカフェの取材は、お店の開店1時間前くらいからスタートすることも多いのですが、たまにお店の人がお約束の時間に少し遅れることがあります。

朝10時に編集部の人・カメラマン・私の3人がカフェの前に集合すると、お店はまだシャッターが降りたまま。電話してみても誰も出ません。

そんなアクシデントにもすっかり慣れっこの私たち。あわてず騒がず、にこやかに近くのパティスリーに移動して、小さなテラスで10時のおやつを楽しむことに。

3人で1本「東山ロール」(980円)を注文し、お店のかたに切り分けて持ってきていただきました。つまんだ指先がしっとりと濡れるような、きめこまかなスポンジ。甘さを抑えた生クリーム。

店内のショーケースには美しいケーキも並んでいますが、メディアにとりあげられるのは、もっぱらこの東山ロール。私の知る限りでは、この店名をちゃんと記憶できた人はほとんどいないようで、即物的に(?)「東山ロールのお店」と呼ばれています。

パティスリー1904(ディズ・ヌフ・ソン・キャトル)
東京都目黒区東山2-5-8
TEL 03-3792-1904
OPEN 10:00~19:00、火休

| | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

MAUI COFFEE ROASTERS(マウイ・コーヒーロースターズ)@広尾

Maui_coffee_03

都立広尾病院にお見舞いに出かけ、帰りに広尾商店街を通ったら、小さなお店の入り口からハワイの風が吹いてきたので思わず吸い込まれてしまいました。1階にはセルフサービスのカウンターがあってオープンエア風に小さなテーブルが並び、2階には色とりどりのクッションを並べたベンチシートがありました。

マウイ島の玄関、カフルイ空港近くに1972年に創業したMAUI COFFEE ROASTERS。よく地元の人々の投票でマウイのベスト・コーヒーハウスに選ばれているお店です。私もマウイ島の旅行中に何度かお世話になりました。街の人々に愛されるにぎやかな明るいカフェ。明るいコーヒーの味。

ネルでじっくり落としたコクのある濃厚なコーヒーには、ハワイではお目にかかったことがありません。あの深い味わいはハワイの気候風土とは合わないのかもしれませんね。次にハワイに行くときにネルと大坊さんの豆を持参して、自分で淹れて試してみようかと思います。

(余談ですが、カフルイ空港の近くには広いドライブスルーのクリスピー・クリーム・ドーナツもあります。空いていて快適でした)

Maui_coffee_004

MAUI COFFEE ROASTERS広尾店は、現地でその味に惚れこんだマウイ在住の日本人が、日本進出1号店として2008年8月にオープンさせたようです。とてもアロハな内装。スタッフの可愛い女の子たちの笑顔もアロハです。マウイ島を愛する者としては、テーブルに書かれた地名を目にするだけで、ちょっとせつなくなってしまうのです。パイア、ハイク、ハナ…いずれも素晴らしい小さな町々。パイアもちょっとしたカフェ天国でしたっけ。

Maui_coffee_02

広尾のお店がハワイと違うのは、日本人の舌に合わせたフード類。個人的に大好きなエッグ・ベネディクトがメニューにあるのに喜びつつ(\950)、なぜか2人でカウ・ボール(1200円・上左)とロコモコ(1200円・上右・写真は食べかけです…)をオーダーしました。

カウ・ボールは和風オニオンソース味のリブロース・ステーキ丼。おなじみロコモコはグレービーソースをかけ、マッシュルームをのせたハンバーグ丼ですが、野菜がたっぷり添えられているのが好ましい感じ。そのあと、メニューにリコッタ・パンケーキ(800円・下)があるのをみつけて、本日のコーヒー(Sサイズ280円)とともにデザートがわりにいただきました。

Maui_coffee_01

生地にリコッタチーズを加えたパンケーキで、billsの流れを汲んでいるのかなと思ったりしましたが、驚くのはこの薄さ!  ガレット並みの薄さに仕上げてあります。焼きたてのふんわりパンケーキでアイスクリームを包んで、舌の上の熱と冷たさを楽しみました。

ドリンクメニューにはラテ各種(Sサイズ430円~)や、オリジナルという「タイ・ハイ・コーヒー」(コンデンスミルクを入れるのですって)、スムージー各種(680円~)も充実していました。スムージーには「ヘーゼルナッツ・トディー」やオレオクッキーを加える「バニラ・スムージー」などが並んでいます。

MAUI COFFEE ROASTERS(マウイコーヒーロースターズ)
東京都渋谷区広尾5-19-6
【TEL】 03-3442-8779
【OPEN】 8:00~20:00
【MAP】 Yahoo!地図情報

| | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

本日の言いまつがい

Holy_01_2

代官山のカフェ、holyにて、某メディアのインタビューを受けました。私が話した内容に応じて、カメラマンがその場で臨機応変に店内撮影。そのスマートさにちょっと感心してしまったのです。

「カフェが“ひとりごはん”の女性に与えた恩恵は大きい」と申し上げれば、店内に居合わせた若い女性客にお願いして、ひとりで雑誌をめくっているシーンを撮影し、「カフェのスタッフと、お互いに踏み込まずに、ほどよい距離で会話を交わすのも楽しみのひとつだと思います」と申し上げれば、テーブルにイタリア流パンプディング「キャミレット」を運んできた店長さんと私が言葉を交わすシーンを撮影。きっとスムーズに記事が作成されるのでしょう。

しかし、自分の写真を撮られるのはどうにも苦手で…とぼやいていたら、カメラマンの方がご自分の冷や汗体験を教えてくれました。仕事で地方の湖に撮影に出かけたら、偶然、地元の「ひまそうな」テレビ局の撮影チームが来ていて、インタビューをされる側に回ってしまったそうです。しかも無理やり、その局の女性アナウンサーのファンという設定にされて!

「いざ自分がカメラの前に立つと、本当に何もしゃべれないものですね」とカメラマンのかた。突然、名前もよく知らない女性のファンという役をふられてしまったのですから、なおさらですね。

その日の帰りにタクシーに乗ったのですが、降りるときに運転手さんに「ごちそうさまでした」と言いまつがって笑われました。じつは、これで2度目か3度目です。飲食店から出るときに必ず口にする言葉なので、無意識に言ってしまいがち…。

| | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

EATALY(イータリー)…代官山

代官山駅のそば、もとアルトファゴスのあった代官山プラース跡地に出現した“小さなイタリア”、EATALY。トリノに本店を持つ、イタリアの小規模生産者による伝統的かつ高品質な食材が並ぶフードマーケットです。安心して食べられるものを、その食材をはぐくんだ土地の文化とともに伝えるという、共感を寄せられるコンセプト。

Eataly_03

9月末にオープンして3週間が過ぎたばかりで、バール(カフェ)およびイートインのオペレーションは残念ながらまだちょっと混乱中のようです。スタッフの数はイタリア人らしき人々も含めてたっぷり揃っているのですが、誰も全体の流れをコントロールしていないので、各部署の人数配分が悪かったり、情報がスタッフ間で共有・周知徹底されていなかったりで、あちこちのテーブルで困惑の声が…。3ヶ月後には改善されていることを期待しましょう。

Eataly_02

イートインのメニューは大まかに「パスタ系(7~8種類)」「ピッツァ系(10~11種類)」「ヴェジタリアン料理系(6種類)」「ハム、チーズ系(7種類)」の4つに大別されるようです。どの料理にも、店内でイタリア産のオーガニックな小麦粉を使って焼いている薪釜パンと、たっぷり大瓶に入ったエクストラバージンオリーブオイルが添えられます。

上の写真は、近くのカフェでランチ&スイーツをいただいた直後にEATALYを訪れてオーダーしたもの。「ヴェジタリアン料理」のページにあったピエモンテ風野菜のミックスグリル(1280円)です。いくら”9つの胃を持つ女”の私でも、さすがにパスタやピッツァには挑戦できませんでした。ナスやズッキーニ、パプリカなどをグリルしてジェノベーゼ・ソースをかけたシンプルな一皿。

他のお客さまのテーブルをざっと眺めたところでは、15時までのピッツァ・ランチ(ピッツァ+日替わり料理、\1980)が最も充実感、コストパフォーマンスともに高そうです。

食後のエスプレッソをいただくには、オリーブの樹をシンボルツリーとする広場を横切り、バールに移動するのですが、お客さまがバールのレジカウンター前に行列しているのに、エスプレッソ好きの宇宙人に誘拐されてしまったのか、レジ担当者の姿は消えたまま…。

Eataly_05

上の写真は週末の夕方、ワイン売り場に囲まれたイートインで、近くのカフェに夕食を食べに行く前に食前酒がわりにいただいた若めのバローロ(グラスで1100円)。やっぱり薪釜パンが食べ放題。ロイ社のオリーブオイルとともに。

このとき購入したのは、食事パンとしての食べやすさが魅力のリュスティック3種類(レーズン、イチジク、ミックスフルーツ)と、5%オフ中だったROI社のペストロッソ(トマトのペースト)。いずれもフルーツの香りのする新鮮なエクストラバージンオリーブオイルと合わせると、おいしさが際だちます。(うちのはDean&Delucaで購入したのですが) 本当にバターの国じゃなくて、オリーブ油の国なんですね。すべてがオリーブ油の香りと調和するよう作られているのを感じました。

じつはタマゴを練り込んだ中華の乾麺そっくりのパスタ(タリオリーニともちょっと違う感じ)も購入したのですが、最適の料理法を思案中で、まだ味見していません。売り場に小さなレシピを置いていただけたら大変ありがたいのですが。

11月に2階のレストラン「Guido per Eataly」がオープンし、イタリア料理教室が始まってからが本領発揮なのかもしれません。現在は助走期間中と見るべきでしょうか。イタリアの食文化の豊かさや奥深さをプレゼンテーションしてくれることを楽しみにしています。

※さらなる東京のカフェ情報は、電車の沿線別にまとめた東京カフェ案内をご覧ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)